【能登半島地震】

6月21日(火)

皆さんこんにちは

本格的な梅雨入り☔

今日の記事

能登半島の地震が最近多い

なんか気持ち悪い

石川県を襲う地震は1年半で140回も…相次ぐ揺れに専門家も「しばらく続く」と警鐘

公開日: 更新日:
地震で倒壊した神社の鳥居=19日、石川県珠洲市(C)共同通信社
地震で倒壊した神社の鳥居=19日、石川県珠洲市(C)共同通信社

拡大する

スザンヌさんが熊本地震3カ月前に開店したカフェが震災で全壊…「必ず再開を」の決意語る阪神・淡路大震災 帝産観光バスの安井義政さん[前編]「道路がスッと消えてなくなったんです」元自衛官YouTuberトッカグンが教える「使える防災術&グッズ」

 いつ、収まるのか。19日石川県能登地方を襲った地震は、マグニチュード5.4、最大震度6弱だった。ドーンと大きな揺れがあった後、立っていられないような強い揺れが数十秒続き、神社の境内の石灯籠が倒れるほどの大きな揺れだった。

石川県能登地方では20日午前10時31分ごろにも強い地震があり、珠洲市では震度5強を観測した。

気象庁は「この地域では1年以上、地震活動が続いている。当面、継続すると考えられる」と警戒を呼びかけている。

■今年だけでも78回

能登地方で地震が相次いで発生するようになったのは2020年12月ごろ。これまでに震度1以上を観測した地震は140回。今年だけでも78回も発生している。

国土地理院によると、珠洲市の観測地点では累積で約4センチの隆起や1.6センチの水平移動が起き、地殻変動が続いているという。

 気象庁は発生の原因について「特定にいたっていない」としている。東大の古村孝志教授は、「地下深くから上昇した水などが岩盤に入り込むことで地震を起こした可能性が考えられる。珍しいタイプで長期化する可能性が高い」と指摘している。

1年以上も続く活動は、収まる気配がない。昨年9月16日にも最大震度5弱(マグニチュード5.1)を観測している。この地域の地震は、いつ頃、落ち着くのか。

立命館大環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏はこう言う。

「石川県で頻発している地震は、あの地域で『ユーラシアプレート』と『北米プレート』が押し合った結果、起きていると考えられます。内陸直下型の地震です。1995年に起きた阪神
・淡路大震災も内陸直下型でした。海溝型地震だと家屋の倒壊は少ないのですが、内陸直下型は被害が大きくなります。いま日本列島は、地震のエネルギーが蓄積された状態です。19日に発生したマグニチュード5.4程度では、まだエネルギーを放出しきっていないと考えるべきでしょう。マグニチュード5.4は、規模で言うと中程度の地震です。スーパー南海地震など、比較的大きな地震が発生するまでエネルギーは放出されず、しばらく石川県で地震が続く恐れがあります」

気象庁も「地震活動は当面、継続される」としている。警戒と備えは怠らない方がいい。

本日の逸品
北海道産 本ししゃも
IMG_0768