【ようやく覚醒か?】

7月28日(木)

皆さんこんにちは

今日の記事

清宮君楽しく野球をやっている

新庄bicbossの教育でようやく目覚めてか?

もともとボンボン育ちでのんびりした性格が成長を妨げていたが・・・

ヤクルト村上君を見習ってほしいものだ!

日本ハム清宮は2日間のオールスターが転機に!新庄監督の毎日の叱咤激励よりプラス

公開日: 更新日:
七回に牧のフェンス直撃かという大飛球をジャンピングキャッチ(C)共同通信社
七回に牧のフェンス直撃かという大飛球をジャンピングキャッチ(C)共同通信社

拡大する

日本ハム・新庄監督が前言撤回! トライアウト打ち切りでも「波紋なし」の理由日本ハムのトライアウト大詰め 今川優馬が二軍で夜な夜な待つ新庄監督からの“ラブコール”首位独走ヤクルトに立ちはだかる記録的酷暑…7、8月の屋外試合は「巨人の3倍」

 初日に続いて八面六臂の活躍である。

オールスターで存在感を発揮した日本ハム清宮幸太郎(23)。26日の初戦は九回2死からのサヨナラソロ弾でMVPを獲得すると、昨27日の第2戦でも躍動した。

本職は一塁だが「1番・三塁」でスタメン出場すると初回、先頭打者として中前打。その裏、塩見のゴロをさばき、一塁への送球で強肩ぶりを披露した。六回に一塁守備につくと、七回からは初戦に続いてファーストミットをはめて左翼へ。牧のフェンス直撃かという大飛球をジャンピングキャッチする好守備を見せた。

日本ハムでは新庄監督に褒められ、怒られの毎日。消極的なバッティングや走塁ミスでカミナリを落とされたかと思えば、ホームランを称賛される。アメとムチで刺激され、自己ベストの11本塁打をマークしているものの、その一方で打率.226と低迷している。

それが球宴での大活躍。自身もオールスターに出場してMVPも獲得した山崎裕之氏(評論家)は「清宮にとって自信になるでしょうね」と、こう続ける。

「私の頃のオールスターは、パがセへの対抗心を剥き出しにしていた時代。当時と今では雰囲気はだいぶ異なりますが、それでも各球団の主力が集まる中で結果を出せたことは、清宮にとって大きなプラスでしょう。本人もニコニコしながら楽しく野球をやっていましたし、本人にとっては良い転機になるでしょう」

男子三日会わざれば刮目して見よ、ということわざもある。新庄監督の毎日の叱咤激励より、2日間のオールスター。後半戦の清宮は一味違うところを見せてくれそうだ。

本日の逸品
かつお
IMG_3345
叩きでどうぞ!