【知ってたんかい】

7月30日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

当然の周知の事だろう

岸防衛相が旧統一教会の被害「認識していた」に非難殺到!

「霊感商法の被害者より自分の票が大事なのか」

公開日: 更新日:
岸信夫防衛相(C)日刊ゲンダイ
岸信夫防衛相(C)

拡大する

岸信夫防衛大臣が会見で明かした 旧統一教会ベッタリよりも“危ういコト”岸田首相「コロナ第7波対策」スカスカ後手の極み 会見は“やってる感”のアリバイづくり岸田首相“安倍カラー”払拭狙い「清和会」分断の抜擢か…内閣改造・党役員人事はドロドロ劇場に

《知ってたんかい!》
《なおさらタチ悪いよね》
《霊感商法の被害者よりも、自分の票が大事ってこと?》

ネット上で、疑問の声が続出しているのが、参院選の演説中に銃撃されて亡くなった安倍晋三元首相の実弟・岸信夫防衛相だ。

岸防衛相は26日の会見で、銃撃犯の山上徹也容疑者=殺人容疑で送検=が安倍氏銃撃の理由に挙げた「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との関係について問われた際、「(団体のメンバーと)付き合いもあり、選挙の際もお手伝いをいただいている」などと説明。

さらに29日の会見では、旧統一教会の霊感商法や献金強要被害などの問題が指摘されていることの認識を問われ、「そういうことが言われている団体だということは認識をしていた」と答えていたから驚くではないか。

「認識」していたのであれば、関係を見直すのは当然だろう。なぜ、それでも反社会的勢力といわれる団体との関係を続けたのか。

自身の票欲しさが理由であれば、公僕=国会議員として、ふさわしいのだろうかと指摘せざるを得ない。

本日の逸品
長崎・五島
ブランドいさき
IMG_2114
美味!