「言い訳独演会」

8月12日(金)

皆さんこんにちは

今日の記事

質疑応答の時間が少なすぎる

突っ込まれたら不都合だからあえて独演会に持ち込んだ

まるで旧統一教会の「言い訳独演会」…田中富広会長の会見は何のためだったのか?

公開日: 更新日:
記者会見する世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の田中富広会長=10日午後、東京都千代田区の日本外国特派員協会(C)共同通信社

記者会見する世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の田中富広会長=10日午後、東京都千代田区の日本外国特派員協会(C)共同通信社

拡大する

安倍首相が他国の国葬で“居眠り”疑惑…画像拡散で世界中の笑いものに有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」安倍3代にわたる統一教会との蜜月関係を、なぜ大新聞は追及しないのか

 一体何のための会見だったのか。まるで「言い訳の独演会」と言っていい50分間だった。

安倍晋三元首相の銃撃事件以降、自民党議員との癒着が次々と明らかになっている旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の問題をめぐり、旧統一教会の田中富広会長と山田達也法務局長が10日、日本外国特派員教会で記者会見を開いた。

霊感商法など、反社会的勢力とも指摘されている団体と自民党の本当の関係はどうだったのか。国政選挙で旧統一教会「票」を差配していたと報じられている安倍氏はいつから、どのような形で旧統一教会と連絡を取っていたのか。関連団体を含め、なぜ、何の目的で自民党議員に近づいたのか。2015年の名称変更の目的や政治家の関与はあったのかーーなどなど、多くの疑惑が噴出している中での注目の会見とあって、国内外のメディアが集まったのだが、注目された会見は田中会長の説明に終始し、質疑時間はわずか10分程度で終了だった。

「異常な宗教迫害とも言える偏向報道」、「メディアに出てくる弁護士団体は、相談のあった当法人にまつわる案件の全てを被害と断定して集計・発表しているが、実に不正確であり、不公正だ」、「ヘイトスピーチ、人権侵害」……田中会長の口から次々と発せられた言葉は、報道への恨みつらみとしか受け取れない言葉のオンパレード。2015年の名称変更についても、理由については田中会長は「予言」という「?」な言葉を使いながら、「正体隠しという報道は事実無根」「政治的圧力、介入はない」「的外れの憶測」などと一方的に主張するばかり。

 ネットでは、《もっと記者の質問時間をとってくれ》、《まるで安倍さんのダラダラ国会答弁みたい》などと悲鳴のような批判の声が相次いだが、団体として何ら後ろめたいことがないのであれば、文化庁に当時提出した資料について、「黒塗りの部分をすべて公開して」と言えば済むだけの話。

自民党議員への接触についても、田中会長は「事実」としながら、「政治工作ではない」「霊感商法批判を逃れるためではない」などと釈明したが、近づいた目的が何だったのかはサッパリ分からず。

弁護士団体の指摘や報道内容を批判するのであれば、弁護士団体と話し合いの場を持つなり、報道各社に対して丁寧に説明するべき。持論を一方的に展開して「俺は悪くない」という今回の会見に、どれだけの人が納得したのか。

本日の逸品
真あじ
IMG_1997