【消えた1.5億円】

8月20日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

もっとあるだろう

東京五輪“キーマン”逮捕!特捜部が次に狙う「消えた1.5億円」と裏金解明、政財界は戦々恐々

公開日: 更新日:
カネはどこへ(東京五輪大会組織委元理事の高橋治之容疑者)/(C)日刊ゲンダイ
カネはどこへ(東京五輪大会組織委元理事の高橋治之容疑者)

拡大する

テレ朝女性社員 五輪取材打ち上げ泥酔醜態の一部始終!ビル外階段踊り場から転落し全治半年の大ケガMISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人「昼下がりの公園で着物でけん玉」の現実離れ 東京五輪閉会式の演出にも愕然

東京五輪・パラリンピックの汚職事件をキッカケに、政財界にも捜査の手が及ぶのか。大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者が受託収賄容疑で逮捕された事件は、新たな事件の「入り口」の可能性がある。特捜部が次に狙うのは、高橋容疑者が受け取ったカネの行方だ。

◇  ◇  ◇

高橋容疑者は2017年1月、紳士服大手AOKIホールディングス側に東京五輪のスポンサーになることを打診。同年9月、自身が代表を務めるコンサルティング会社「コモンズ」とAOKIがコンサル契約を締結した。

AOKI側から、スポンサー契約や公式ライセンス商品の審査に関し、有利な取り計らいを依頼(請託)された高橋容疑者は、17年10月から今年3月の五十数回にわたり、計5100万円を受領。受託収賄の疑いを持たれている。

高橋容疑者はAOKIからの資金提供について「五輪とは別のコンサル料だ」として容疑を否認しているが、起訴される可能性は高い。元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士がこう言う。

「特捜部は先月末、高橋容疑者の自宅や関係先として古巣の電通本社を家宅捜索した後、AOKI側も家宅捜索しました。ガサ入れの順番を考えると、AOKIは証拠隠滅の可能性が低かったのでしょう。高橋容疑者を刑罰の重い受託収賄で逮捕したのは、恐らくAOKI側の協力を得て、具体的な依頼内容を示す資料や文書などの証拠が固まったからだと思います。逆に、供述のみの証拠をもって受託収賄容疑で逮捕・起訴するのは難しい。それなりの証拠は集まっているはずなので、起訴されると考えて、ほぼ間違いないでしょう」

特捜部は、コンサル料名目の「5100万円のワイロ」とは別に、高橋容疑者がAOKIから「選手強化費」として受け取った2億5000万円の行方にも着目しているという。むしろ、この「選手強化費」が捜査の“本丸”との見方もある。

「5100万円」よりもケタもインパクトも大きい

東京五輪はミソつきまくり(C)日刊ゲンダイ
東京五輪はミソつきまくり(C)

拡大する

テレ朝女性社員 五輪取材打ち上げ泥酔醜態の一部始終!ビル外階段踊り場から転落し全治半年の大ケガMISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人「昼下がりの公園で着物でけん玉」の現実離れ 東京五輪閉会式の演出にも愕然

 2億5000万円の「選手強化費」のうち数千万円は、日本馬術連盟と日本セーリング連盟に寄付されたが、高橋容疑者は「(コンサルの)未払い報酬」として1億5000万円を受領。コモンズが運営するステーキ店で生じた借金の返済に約1億円を充てたとみられている。

となると、少なくとも、高橋容疑者の手元には5000万円の「選手強化費」が残っているはずだ。

「特捜部が次に狙うのは、高橋容疑者が個人的に受け取った1.5億円の行方だと考えられます。5100万円の受託収賄とは、ケタもインパクトも違います。高橋容疑者が1.5億円の中から、例えば、より力のある人にワイロの分け前を渡していたのかどうか。いわば裏金として使うなど、より深刻な汚職や不正があったのではないか。こうした視点から、特捜部は粛々と捜査を進めるでしょう。その結果として、高橋容疑者の再逮捕や、政財界人脈に捜査の手が伸びる可能性はあると思います」(若狭勝氏)

高橋容疑者の“悪名”は、東京五輪

招致を巡る買収疑惑でも挙がっている。五輪招致や運営に関わった政治家や経済人は今ごろ、ビクビクしているんじゃないか。

本日の逸品
ひらめの薄造り
IMG_0569
IMG_2681