【名優逝く】

9月3日(土)

皆さんこんにちは

今日の記事

渋い俳優さんがお亡くなりになりました

残念です

古谷一行さん78歳で死去…知人が明かす「俳優の豪快な顔」と「子煩悩な父の一面」

公開日: 更新日:
古谷一行さん(C)日刊ゲンダイ
古谷一行さん(C)

拡大する

川島なお美が古谷一行に感謝 「ラブシーン感情移入できた」急逝から3カ月 川島なお美さん「手記」出版の“仕掛け人”繰り返し映像化される横溝作品「金田一耕助」愛されるワケ

TBS「横溝正史シリーズ」の金田一耕助役で知られる俳優の古谷一行(ふるや・いっこう、本名=かずゆき)さんが8月23日に死去したことが、2日明らかになった。

古谷さんは1969年に映画「新撰組」でデビューすると、翌年NHK朝のドラマ「虹」でテレビドラマに進出。77年に金田一役でブレークし、82年から25年間「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)でシリーズ化された「混浴露天風呂連続殺人」の主役として活躍した。腕は立つが若い女性にはてんでだらしない左近刑事役で、毎回女性たちと露天風呂に入るシーンが印象的だった。

中央大法学部卒の古谷さんは弁護士になろうと考えていたが、在学中に演劇研究会に所属していたのが縁で、20歳で俳優座養成所入り。同期に太地喜和子、大出俊、河原崎建三などがいる。

■家が広すぎて電話の呼び鈴が聞こえない

「穏やかで優しい方でしたが、下積み時代が長かっただけに、人気者になってからは“昭和のスター”らしい豪快な一面ものぞかせました。30代からはずっと最高級クラスのジャガーのセダンを乗り継ぎ、住まいは世田谷にある6LDKの一戸建て。携帯電話が普及する前は『家が広くて電話の呼び鈴が聞こえない』という理由で、家族3人なのに各部屋に電話が1台ずつ置かれていたのが印象的でした。92年に『混浴露天風呂連続殺人』にゲスト出演したAV女優から不倫を暴露された時は大騒ぎになりました」(知人)

ヤンチャな面もあった古谷さんだが、11年10月に肺がんと診断され、翌11月に腫瘍の摘出手術を受けてからは落ち着いた。体力をつけるためにスポーツジムに通い、愛車のジャガーでゴルフ場に通う日々だったという。

今回の古谷さんに訃報を受け、一人息子でロックバンド「Dragon Ash」のボーカルの降谷建志(43)は2日夜、インスタグラムに「親父 バチくそ格好良かったよ」「愛してるよ」と追悼メッセージを投稿した。

「建志も若い頃はオヤジに似てヤンチャな面が伝えられましたが小さい頃は“パパっ子”でした。正月は毎年のように家族でハワイに出かけていたし、84年に始まったフジ系ドラマ『オレゴンから愛』シリーズの現地ロケには幼かった建志も帯同させてもらいました」(前出の知人)

仲良し父子で知られた古谷さんと建志の物語は静かに幕を閉じた。

本日の逸品
よこわ
IMG_1291