【エリザベス女王 ご逝去】

9月15日(木)

皆さんこんにちは

今日の記事

最後にトラス新首相の任命式に出れて良かった

エリザベス女王の訃報で英王室の“不都合な真実”も浮彫りに 印象的だった晩年の手の甲のあざ

公開日: 更新日:
エリザベス女王(C)ロイター
エリザベス女王(C)ロイター

拡大する

安倍首相が他国の国葬で“居眠り”疑惑…画像拡散で世界中の笑いものに「安倍氏国葬」のNHK報道に賛否!ニューオータニ開催なら1人5000円の皮肉コメントも民主主義まで持ち出して安倍国葬  この国を覆う空気の薄気味悪さ

 英国の女王エリザベス2世が8日、96歳で亡くなった。在位70年、それも「腐っても鯛」な老舗の大国、英国の元首となると、現在この地球上で生きている人間の大半が、彼女にまつわるなんらかの記憶を保持していると言っても大げさではないだろう。その死への反応は、国葬どころか、いわば「世界葬」といった様相を呈している。

さて、エリザベス女王の功績を讃える際によく聞かれるのが、「開かれた王室」「国民に寄り添う」というフレーズだ。「開かれて」いて「寄り添う」というのは、今やあらゆる立場の人間、サーヴィスに当然のように求められる資質となった。女王の生涯にそうした精神の表れを示す例は枚挙にいとまがないわけだが、しかしたとえば、The New York Timesの記事「女王を悼めども、帝国を悼むまじ」(Mourn the Queen, Not Her Empire 2022/9/8)では、功績の「光」の裏にある「影」──たとえば、植民地での暴虐を詳述した「不都合な」文書が、長らく隠蔽もしくは破棄されていたことなど──にも触れている。さらには、会期中に毎週催されるという女王 vs 首相のバッキンガム宮殿でのタイマン、もとい、会談で話された内容は、「ブラックボックス」とされるのが掟であったことも。「私がこの世で信頼する人間は二人だけ。一人は妻、もう一人は女王」と言った首相もいたとかいなかったとか。ともあれそこは、当然ながら、「開かれた」どころか機密だらけの場でもあったに違いない。

■女王は「英国民に寄り添った」のか

思えば、女王が国民に対してガッツリ「開かれ」て「寄り添った」のは、公式訪問、オリンピックやコロナといった、あくまでも公の行事や有事に際して(のみ)であった。例の「メグジット」(※20年1月、サセックス公爵夫妻が英国王室の主要メンバーから退くことをSNSで発表)のときは、迅速な初動に続いて、本音は極力抑えたと思しき(京都人的)大人な文書(「悲しおすけど、おふたりさんこれからの幸せを願うてます(大意)」)の発表のみという無駄のなさ。その内実について、女王本人がさらに何かをほのめかすようなことはない。ダイアナ妃のときも、国民から「冷たい」と言われてやっとの追悼演説。まあチャールズも「たいがい」だが、やたら偶像化されていたダイアナについても、内心、言いたいこと山ほどあったんだろうな、と想像される。

印象的だったトラス新首相任命の写真

トラス首相と握手するエリザベス女王(C)ロイター
トラス首相と握手するエリザベス女王(C)ロイター

拡大する

安倍首相が他国の国葬で“居眠り”疑惑…画像拡散で世界中の笑いものに 「安倍氏国葬」のNHK報道に賛否!ニューオータニ開催なら1人5000円の皮肉コメントも 民主主義まで持ち出して安倍国葬  この国を覆う空気の薄気味悪さ

 要するにこういうことだ。世界の支配構造の表も裏も知り尽くしたベテラン女王には、「開いた」ことよりも「閉じて」おいたことの方が、はるかに多かったはずだ。秘密を抱え続けるというのは、(国家機密に比べれば)大した秘密などないに等しいような庶民でも苦しいのだから、女王の抱えていた重圧は察するに余りある。皆が口をそろえて言う彼女の威厳や包容力は、そういう「覚悟」から発するものでもあっただろう。カラーパレットができあがるのではないかという勢いの毎度の鮮やかな衣装と柔らかな笑顔で、いつもお元気な女王様、という揺らがぬイメージを作り上げた。しかし、いつになく地味なお召し物で、トラス新首相任命の写真に写った女王の手の甲のあざは、実は心身ともに満身創痍であったことの、最初で最後の「ヒント」だったのかもしれない。

時代の激流の中、伝統ある国家の威容を保ちつつアップデートしていくという難題にあたっては、「秘すれば花」的美学がひとつのサバイバル戦略でもあった。しかし時代は変わる。良くも悪くも、容赦なく「開かれる」=「ばれる」時代になった。「ばらされる専門」だった新国王チャールズ3世は、女王の美学を引き継ぐ器とはあまり思えないが、いかにもそれが今っぽい、というべきなのかもしれない。女王陛下という、世界の大きな「ブラックボックス」がまたひとつ消えた後、大所帯運営はさっそく波乱必至の模様。ハリー王子(サセックス公爵)が暴露本を出そうとしているとか、英連邦では不穏な反動の芽だとか、またスコットランド独立の動きが出るのではないかとか…。”God Save the King.”(王に神のご加護がありますよう)と祈るばかりである。

(文=合田典世/京大大学院准教授・西欧文化論)

本日の逸品
新さんまのお造り
IMG_2298
未だ細く脂ののりが少ないです