山科も京都市です

7月23日     文月ふみの日

 郵政省(現在の日本郵政公社)が1979(昭和54)年から実施。
 毎月23日は「ふ(2)み(3)」の語呂合せから「ふみの日」となっていますが、7月の旧称が「文月」であることから、特別に「文月ふみの日」としてさまざまなイベントを実施しています。
花言葉   ジンジャー(ginger)
花言葉    
豊かな心

ジンジャー

ショウガ科の多年草で、マダガスカルからインドシナに50種分布しています。
 主に観賞用に栽培され、葉はショウガに似て大形。
 球根もショウガに似ています。
 9月頃に、白・黄・橙赤色などの芳香ある花を穂状につけます。
 甘い香りをもつため、シナモン・ジャスミンという名もあります。
(7.23生まれの性格)
明るく陽気な人。正義感が強く、正々堂々としている。

強力なプライドと自尊心を持つ星、しし座。大勢の中にいても堂々としたふるまいをしているので、ひときわ目立つ存在です。大らかで陽気、そして無邪気な性格なので、一緒にいる人を楽しませ、リラックスさせます。みんなから親しまれ、どことなく威厳があるので頼られもします。
しかし、内面には激しい情熱を秘めているので、時には非常に厳しい態度をとることが。正義感が強いので、人の悪意や不正は絶対に許しません。怒りを感じると正々堂々と自分の意見を主張し、相手に立ち向かっていく勇気を持っています。
基本的には思いやり深く、めんどう見のいい人情ある人。友人のためにはひと肌もふた肌も脱ぐキップのよさがあります。
目標に向かって突き進むパワーは、仕事の面でも大いに役立てるはず。

一気に情熱を燃やして目標に突き進むあなたの性格は、仕事の面でも大いに役立ち、実力を認められるでしょう。とにかく目標を決めたら何が何でもそれを達成しようとするので、単純作業やルーチンワーク、デスクワークには向かないでしょう。また、意欲的な態度が年長者には生意気と見られることが多いので、年功序列型の会社では才能を生かしきれない可能性があります。ただ、それは一概にいえることではなく、あなたのパワー次第でのし上がり、時には社風を変えることもできるかもしれません

交際費にお金をかける傾向あり。ピンチになっても一時的なもの。

お金はダイナミックにつかうタイプ。ある程度の収入には恵まれる運を持っていますが、出ていくことも多く、手元にはあまり残らないでしょう。
特にあなたの場合、交際費にやたらとお金をかけてしまう傾向があります。といってもおごったり贈り物に費やすわけではなく、派手にパーッと遊ぶのが好き。友達と楽しむときにはケチケチしたくないので、思いきりよくつかうのです。そのためにピンチになることはありますが、一時的なものでしょう。全体として、深刻にお金に困ることはないはずです。
(有名人)
1942年 松方弘樹(俳優)  
1952年 六田登 (漫画家) 

1962年 三上博史(俳優) 
1973年 村上淳(俳優) 
1975年 藤川なお美(歌手) 
1989年 ダニエル・ラドクリフ (英:俳優『ハリー・ポッター』)
セミの声が段々と夏めいてきて、セミの声で朝目覚めることが
多くなってきました。
こんにちは、いってつです。
今日はみなさんがよくご存知の落語家 桂 三枝さんについて
ご紹介します。
ラジオの深夜番組に初めて登場したときの第一声は、ご本によれば
以下のようだった。
「独りぼっちでいる時のあなたにロマンチックな明かりをともす便所場
の電球みたいな、桂 三枝です・・」
1967(昭和42年)、当時はまだ無名の23歳である。やがて、テレビ
番組の司会や『ゴルフ夜明け前』などの創作落語で人気者の座を不動にし、「便所場の電球が」が上方お笑い界を皓々と照らすシャンデリアになっていく過程に説明はいるまい。
桂 三枝さん(68)が上方落語の大名跡「桂 文枝」六代目を襲名する
という。顔と芸と名前が混然一体となった人だけに、襲名の発表には
戸惑ったファンも多かったろう。
三枝さんも以前から悩んでいたようで、昨年、立川談志さんにだけ
内々に相談したところ、「せっかく三枝の名を大きくしたのだから・・・」と反対され。今回の決断には、談志さんから「勝手にしろ三枝のバカヤロウ」と‘励ましのFAX‘ が届いたという。
「文枝」襲名を機に、寿命の長いLED電球となって上方落語に先々まで明かりをともせれば、心のこもった励ましの罵声を身に浴びた甲斐もある。(読売新聞 記事 伐採)
三枝の「国盗ゲーム」、三枝の「愛ラブ爆笑クリニック」、三枝の「新婚さんいらっしゃい」(現在も続いている)は特に有名。
*桂文枝は、幕末から続く上方落語の大名跡で桂米朝、桂春団冶
一門と合わせた上方の桂3派の系統をたどると、いずれも初代に
文枝に行き着く。その5代目である師匠は、戦後の上方落語復興を支えた「四天王」の一人で、2005年に亡くなった。*
一番弟子が三枝、きん枝、文珍と続く。
今日は、「山科・な・す」です。この前紹介した賀茂なすとまた違った
食感と味わいを持ち、ぼってとした丸みのある ナスらしいナスです

山科は、京都市?滋賀県と違うの?と言う方が、たまにいますが、
京都市の東の端ですが 一応 京都市です。お忘れなく!

山科なすと魚介のオーブン焼きです。チーズとの相性
バッチリです。