定休日

 9月14日        コスモスの日

9月14日 コスモスの日


 バレンタインデーから半年目の今日、プレゼントにコスモスを添えて交換し、お互いの愛を確認しあう日といわれています。
 ちなみに赤い秋桜(コスモス)の花言葉は「愛情」です
誕生花  節黒仙翁(ふしぐろせんのう)
花言葉   
転職、転機
ふしぐろせんのう
ナデシコ科の多年草で、山地の草原に自生します。
 節の部分が紫黒色を帯びるので、この名が付きました。
 また信州地方では、花の朱紅色を健康的な乙女の唇に見立てて、「べにばな」とも呼ぶそうです。
(9.14生まれの性格、運勢)
優れた頭脳と機転が成功のカギ。フリーランスより会社の中で才能を発揮。

頭の回転が早くて機転がきくので、その能力はさまざまな職業分野で発揮し、花を咲かせることができるはず。変化に富んでいて自由な感覚でできる職業であれば、あなたの実力をスムーズに発揮できそうです。ただし、フリーランスよりは、会社組織の中で人とふれあいながら仕事をするほうが向いている暗示。人との信頼関係を結び、自分の力を認めてもらうことでやりがいを持てるはずです。反面、一定の決まりきった仕事をするのは苦手なので、さけたほうがいいでしょう
収入も支出も活発。貯金するより今の楽しみにつかう人。

収入運はあるほうで不自由なくお金は入ってきますが、出ていくほうも活発。流行を追うのが好きで趣味もしょっちゅう変わるので、ショッピングにはお金をつかうでしょう。食事や飲み代など交際費にもけちけちしないで財布のひもをゆるめます。大きなものをドーンと買うのではなく、こまめにつかっていく人といえそう。
若い頃は貯金にはあまり興味がなく、あるお金は今の楽しみにつかってしまおう、という考えの持ち主。それでもアルバイトなどで一生懸命かせぐので、赤字の心配はないでしょう。

金運は波が激しい。いつも好奇心を持って活動することが大事。

全体を通しての金運は波が激しい暗示。といっても金回りのいい悪いではなく、あなたの調子のいいときにはお金もよく入ってくるし出ていくけれど、調子がダウンすると入ってこないし、つかう意欲もわかない、という感じです。いつも何かに好奇心を持って活動していることこそ、金運アップのヒケツなのです。
ギャンブルは、遊びとして楽しむならそこそこの儲けが期待できそう。欲を出したりのめり込みすぎないことが大切です
恋の相手は慎重に選ぶ人。積極的アプローチで恋をキャッチする。

恋には慎重でぬかりなく計算能力を働かせる人。これ、と決めた相手はすみずみまで観察し、自分の理想にかなう相手か見きわめようとします。その選び方は、しっかりものかどうか、自分との相性は合うか、など具体的な基準でわりと現実的。外見などの表面的なもので異性を判断することはありません。好きになった人には積極的にアプローチをし、たくみな話術で相手の心をつかもうとします。相手はついついあなたのペースにはまってしまい、まんまとワナにはまってしまう暗示。だから恋のキャッチ率は高いでしょう。女性は気がやさしくて有能な男性を好きになることが多く、男性は大人っぽくて女らしい雰囲気の女性に恋をする傾向があるようです。
(有名人)
1935年 赤塚不二夫(漫画家) 
1941年 柳亭金車(落語家) 
1942年 茅島成美(俳優)
1949年 矢沢永吉( ミュージシャン) 
1960年 パッパラー河合(ミュージシャン)
1968年 小柳みゆき(タレント)
1968年 野間口ヒロシ(ミュージシャン)
1970年 小栗香織(タレント) 
1974年 塙理絵(タレント)
1981年 安達祐実(俳優) 
1982年 成宮寛貴(俳優) 
1985年 上戸彩(歌手) 
1986年 高橋愛(歌手)
本日は、定休日です。