台風15号 上陸

9月21日    ファッションショーの日

9月21日 ファッションショーの日



 1927(昭和2)年、銀座の三越呉服店で日本初のファッションショーが開かれました。
 初代水谷八重子ら3人の女優がモデルとして登場。
誕生花  葛(くず)
花言葉  
治癒
くず
マメ科の大形蔓性の多年草。
  奈良県の国栖(吉野地方)で、この植物の根から葛粉をつくっていたので、くずの名がつきました。
 秋の七草の一つで、解熱・発汗などの薬草としても重宝されています
(9.21生まれの 性格、運勢)
旺盛な好奇心と率直さをアピールして、大きな花を咲かせることができる。

明るく好奇心が旺盛で、何でも器用にこなしてしまうあなた。そんな長所を社会に生かすことで、大きな花を咲かせることができるはずです。まわりくどくなく、率直にものをいうところは、現代的なビジネスに大いに役立てることができそう。その魅力を存分にアピールして、希望の職種にトライしていくといいでしょう。反面、単調で好奇心をくすぐらない仕事は不向き。本音とたてまえを重視するような体質の古い会社も、イライラがつのりそうです
なかなか金運のいいあなた。お金には無関心がベスト。

お金にはなかなか縁のある人です。といってもそれほどお金に執着心があるわけではなく、どちらかというと無頓着なほう。でも、自分であまり意識していなくても不思議とどこからかお金が入ってきて、つかうときには困らない、といった感じなのです。
ギャンブル運はまずまず。人とのおつきあいで競馬をしたり、義理で株に投資したりするのはツキを生む暗示です。また、思わぬ拾いものをする運もあるかも。
あなたの場合、欲がないときほどお金を引き寄せる暗示があります。お金には無関心でいるのがベストなよう。

やりくりじょうずのチャッカリもの。人との交際が金運アップに結びつく。

貯金はわりとマメにこつこつためるタイプ。やりくりがじょうずで、収入の中から生活費、貯金にまわすお金、自由につかうお金をきちんと分けて生活できます。それでもケチケチしたことろがなく、人づきあいもいいので、周囲からはチャッカリものだと思われているかも。
あなたは、人との交際が金運アップに結びつく運を持っているので、友人が困っているときには助けてあげるべき。そうすれば、あなたが援助が必要なときには必ず手が差し伸べられるはずです
いつもだれかに恋をしている人。軽はずみな恋愛に気をつけて。

いわゆるほれっぽいタイプ。相手のちょっとしたしぐさややさしさにすぐにコロッといってしまうので、いつでもだれかに恋している状態。だれかに恋をしていないと人生が退屈に思えるほどに、あなたにとって恋は日常と切り放せないことなのです。好きになった人には、すぐにでもアプローチを仕かけます。非常にストレートで熱烈なので、恋のキャッチ率も高いはず。ただし、時には軽はずみな恋愛で周囲を騒動に巻き込むことも。三角関係や不倫などにはくれぐれも注意しましょう。女性はたくましくて明朗なスポーツマンタイプの男性に恋をすることが多く、男性は元気があってさっぱりした性格の女性に心をひかれる暗示があります
(有名人)
1947年 2代目桂ざこば(落語家) 
1947年 菅原進(歌手) → ビリーバンバン
1950年 松田優作(俳優)
1961年 高田由美(声優) 
1974年 海津晶子(タレント)
1976年 佐々木ゆう子(歌手) 
1979年 奥村伸二(歌手)
1979年 有坂来瞳(俳優, タレント)
台風15号が、昼過ぎに 勢力を保ったまま東海地方に上陸し、北上しています。皆さんくれぐれもお気をつけ下さい。
昔、きんさん、ぎんさんと言うスーパーお婆ちゃんを覚えてますでしょうか?
「きんは100しゃい」、「ぎんも100しゃい」!!
到来つつあった高齢化社会の象徴として双子姉妹の成田きんさん(享年107)と、蟹江ぎん(享年108)が、日本のアイドルになったのは、今から20年前の1991年(平成3年)、暮れのことでした。・
二人は100歳にして、その才能と元気パワーを花開かせ活躍を見せた。その双子の姉妹の妹、蟹江ぎんさんは、夫・園次郎さん(1968年死去、享年81)とのあいだに、5人の娘をもうけた。次女・栄さんは3才で病死したが、あとの4人姉妹は、元気旺盛で日々を謳歌をしている。
長女・年子さん(98)、三女・千多代さん(93)、四女・百合子さん(91)、五女・美根代さん(89)。4人の年齢を合算すると,371才で、平均年齢は93才。「きんさん、ぎんさんブーム」から
20年の歳月を経て、4姉妹は長寿に恵まれ、揃って腰も曲がらず、総じていうなら チャーミングなおばあちゃんになっています。 五女の美根代さんは、ぎんさんから「人間なは、足から死んでいく。そいだから足をつこて、足を大事にしろ」って、そりゃあ しつこいくらい言われたがね。その母の教えを守ったから、4人とも、この年でもシャキシャキ歩ける。やっぱり、母の教えは、絶大ですね。
娘さんも こんなお年になってらしゃるんですね。 
(女性セブン 記事一部 伐採)

うちの店の隣にある、本願寺 山科別院