突然 秋が来た

 9月24日         清掃の日

 


1971(昭和46)年のこの日に、「廃棄物処理及び清掃に関する法律」いわゆる「廃棄物処理法」が施行されたことにちなんでいます。
 この日から9月30日までは「環境衛生週間」で、廃棄物をできる限り減らして資源再利用に役立てることを目的にしています
誕生花  萩(はぎ)
花言葉    
想い
はぎ
マメ科ハギ属の小低木の総称で、秋の七草の一つです。
 「はぎ」にはいろいろな種類がありますが、単にはぎといえば「やまはぎ」です。
 日本各地に自生しています。
 庭園で見かける「みやぎのはぎ」は別種です
(9.24生まれの性格、運勢)
適応力と柔軟性を発揮できる仕事を。お堅い雰囲気の職場は不向き。

人並みはずれた適応能力と柔軟性を武器にすれば、どんな会社に入ってもすぐに仕事を身につけ、能力を発揮することができるでしょう。明るくサービス精神旺盛で、その場をパッと明るくするパワーがあるので、どこへいっても人気者になれるはずです。ただし、厳格な雰囲気の職場は息苦しさを感じるので、さけるのがベスト。裁判所、警察、役所、そのほか政治関係などのお堅いムードのなかでは、うまく本領が出せない暗示です
強い物質欲の持ち主。欲しいものは迷わず手に入れる。

お金が欲しい、という欲望よりも強い物質欲を持った人です。身の回りをきれいに飾るのが好きなので、ショッピングは大好き。暇さえあればデパートに出かけていって、品物を見て歩くようなタイプです。
だから、手にしたお金はいつも、ありとあらゆるものに変化していきます。将来のために貯金をするよりも、現在の生活を豊かにすることが大切、というのがあなたの考え。欲しいものを欲しいときに手にいれ、食べたいものを食べ、楽しみたいときに楽しむというのが、あなたの最高の幸せなのです。

不安定な金運を上昇させるには、人助けをすること

金運は不安定。収入運はまずまずですが、入るやいなやつかってしまうので、あまり残りません。残そうと思ってお金をためても、目的がない貯金は長続きしないのがあなた。せめてカードローンやギャンブルには手を出さないようにして、自制をするのがベストでしょう。
そんなあなたが金運を招くコツは、人に愛情を与えること。お金がない人がいれば援助をして、売り上げの少ないお店があれば商品を買ってあげる、なんてことがいつかまわりまわって、あなたに幸運をもたらすはずです
セクシーで非常にモテるタイプ。恋のうわさにはこと欠かない。

男性も女性もセクシーな魅力を持ち、異性からはとてもモテる人です。ラブレターをもらったり、プレゼントをされたりと、さまざまなアプローチがあちこちからあるはず。あなたも恋のサインには敏感なので、次々にチャンスをつかむでしょう。ただ、あまりにも恋のうわさが多すぎて、プレイボーイやプレイガールの評判がたつこともしばしば。けっして飽きっぽいわけではないのですが、異常にほれっぽく、異性のいいところをすぐに見つけて好きになってしまうのです。まさに、恋をすることがあなたの人生といってもいいでしょう。女性はハンサムでスマートな男性に心をひかれることが多く、男性は可愛らしい雰囲気の女性に恋をする傾向があるよう
(有名人)
1902年 ホメイニ (革命指導者) 
1927年 加山又造 (日本画家)
1932年 久保菜穂子(俳優)
1946年 田淵幸一 (野球) 
1959年 真行寺君枝(俳優) 
1968年 羽田美智子(俳優) 
1982年 雑部いづみ(タレント)
朝夕、だいぶ 肌寒くなりなり、すっかり秋の感じになりました。
こんにちは、いってつです。
気になった記事を紹介します。
★タレントの島田洋七さんは、少年の頃、祖母から「悲しい話は夜にするな。つらい話しも昼にすれば何ということもない」
著書『佐賀のがばいばちゃん』で回想している。夜にはそういうところがある。
「秋分」を過ぎれば、夜長の季節はもうすぐである。
★山形県出身の作家ふたり、藤沢周平さんと井上ひさしさんが
ある対談で、祭りが終わって潮が引くように賑わいが去ったあとに訪れる東北の秋の寂しさを語っている。
「あの秋がなかったら小説なんか書く気にならなかったでしょう」と藤沢さんが言い、「そのさびしさを慰めるために、栗やアケビ、きのこを野山は恵んでくれます」と井上さんが応じていた。
小生も前に、青森県の奥入瀬の紅葉を見た時に空気の美味しさと美しさに魅了されました。今からの東北は、一足早く 紅葉する準備に取り掛かります。 
さて、昨日は、カレーを紹介させてもらいましたが、今日は、

「泉州 岸和田産 あなご」
です。

白焼き 、 天ぷらでお召し上がりください