愛のムチ?体罰?

 10.6   役所改革の日

 1969(昭和44)年、千葉県松戸市役所に「すぐやる課」ができました。
 当時の松本清市長の発案で設置され、「すぐやらなければならないもので、すぐやり得るものは、すぐにやります」をモットーに、役所の縦割り行政では対応できない仕事に、すぐ出動してすぐに処理をし、市民の好評を得ました。
 この松本清さんはドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者でもあります。
誕生花 金木犀(きんもくせい)
花言葉  
 謙遜
きんもくせい
モクセイ科の常緑小高木で、中国原産の観賞用植物。
 雌雄異株ですが、日本のものはすべて雄株で結実しません。
 中国では、「月には木犀の大木が茂っている」という伝説があるそうです。
 夢見心地にさせてくれる花の香りが、地上のものと思えなかったからなのでしょう。
 古くから、庭木として有名です
(10.6生まれの性格、運勢)

個性を生かせる職業につくとラッキー。また、環境のよい職場を選ぶことも大切


この日生まれの人は、個性が強い人が多く、どんな仕事についても自分の味を出せる人です。でも、人に使われることを好まないので、できれば資格を取るなどして、独立することをおすすめします。あなたに適しているのは、美術関係や評論家などの仕事。組織の中で活躍するなら、事務系の仕事はパスしたほうが正解。発想が豊かなあなたには、自分の能力を生かしきれないからです。また、どんな職種についても、人間関係がさつばつとしている会社や、環境が悪い場所では実力の半分も出せないはず。あなたもほかのてんびん座と同様、バックボーンのしっかりしたところに勤めたほうがラッキーです
お金には執着しないタイプだが、欲しいものをめざしてセッセと働くことも

この日に生まれたあなたも、ほかのてんびん座と同様、お金にはあまり執着しないタイプ。お金をたくさんかせいで生活を豊かにしようという発想はありません。でも、おしゃれグッズや美しいオブジェなど、自分の気にいったものを見つけたとき、それを手に入れるためにがんばって働きます。
定期預金などをして利子でお金をふやそうという地道な考えはあまりないでしょう。

ものを集める趣味にお金をかけ、価値が出たところで売りさばくことも。

あなたのお金のつかいかたは、ちょっと変わっています。ほかのてんびん座のように、ファッションやグルメへの支出はけっこう多いほうですが、それよりも趣味の世界にお金をつかうタイプです。
たとえば、なかなか手に入らないレコードを集めたり、古本屋をめぐって作家の全集を集めたり。まだ無名の絵画を買うこともあるでしょう。そして集めたものに価値が出たとき、一気に売りさばいてお金に変えることも
恋人選びは慎重そのもの。人柄、学歴、経済力と、あらゆる角度からチェック。

この日生まれのあなたは、ほかのてんびん座に比べると、恋愛回数がグッと少ないタイプ。あなたの慎重さは恋愛をしていく上でも重要なカギになっているようです。心を動かされる人が現れても、すぐに交際をスタートしません。相手をじっくり観察し、本当に自分にあった相手なのか検討する面があるからです。あなたのチェックはなかなかきびしいようです。ハートはもちろん、ルックス、経済力、学歴とあらゆる角度から相手を品定めします。その結果、あなたのおメガネにかなう相手はごくわずか……ということに
(有名人)
1926年 桂小金治(落語家)
1927年 藤島桓夫(歌手)
1935年 芦川いづみ(俳優)
1961年 松田美由紀(俳優) 故、松田優作夫人
1967年 松尾久美子(歌手) 
1971年 西邑理香(歌手) 
1971年 渡辺忠士(歌手)
1973年 遠野舞子(タレント)
1973年 岡元あつこ(タレント)
昨日は、雨がよく降りました。一日中降ってました。
今日はいいお天気になりました
今日のニュースで、大阪市内の市立高校男子バレーボール部の顧問の男性教諭(34)が部の生徒に1年4カ月の間で253回の暴力を振っていたとして懲戒停職3ヶ月の処分となった。
部員が、顧問の体罰をメモをしており、「ミスするごとにビンタ、蹴り」、「20発ビンタ、鼻から出血し、先生焦る」など書いており
部員が校長に説明して、発覚した。
この記事を読んでて、ドラマ「スクール・ウォーズ」のワンシーンをふと思い出した。川浜高(伏見工業)と相模一高(花園高)試合で確か0対120で負けて、顧問役の山下真司(山口良治先生)が生徒を一人一人をぶん殴り、「お前ら、悔しくないのか! 殴られた痛みなど2,3日で治るが、負けた悔しさは一生心に残る」と言う場面があった。当時の手に負えない不良たちをラグビーを通じて立ち直らすという社会的ドラマでした。ご存知の方も多いはず。
小生も高校のときALL京都(京都選抜チーム)の合宿等で、(当時うちの高校、伏見工、花園高中心に、ALL京都の監督でもあった)山口先生に度々、ご指導頂きましたが、熱くて、厳しい方でしたが愛情のこもった指導方法でした。
無理な練習をかせ、生徒を死なせたりする事件が多くなり指導法も難しくなってきました。我々の頃の方が、断然きつい練習をしてきたと思うのですが・・それなりに乗り切ってきたし、殴られるのも慣れていた。 段々と今の子供も軟弱になってきているのも確かですが。体罰と厳しい練習との境目は、どのラインにあるのでしょうか?どう思われますか? 難しいところです。
さて、今日から1週間の始まりです。
そんで今日はこれ


上から
よこわ(長崎産)、
しまあじ(愛媛産養殖)、天然もんはなかなか入荷ありません。
まさば(新潟産)、
剣先いか(長崎産)です。
よこわ、さば等は、だいぶ脂のってきました!
これから 魚の美味しい 時期になります! 是非、どうぞ