関西ゴルフ界「ドン」逝く

 12月29日    シャンソンの日

12月29日 シャンソンの日


 美和明宏、岸洋子、金子由香利、そしてクロード野坂(作家の野坂昭如)などが出演し、シャンソン歌手の登竜門として知られ、文化の発祥地でもあった銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」が1990(平成2)年のこの日に閉店しました。
 営業40年、惜しまれながらのフィナーレでした
誕生花 南天(なんてん)
花言葉 
 私の愛は増すばかり
なんてん
メギ科の常緑低木で、中国大陸原産。
 西日本の暖地に自生しており、また観賞用に植栽されています。
 高さ約2~3メートルに達し、初夏に白色の小六弁花を総状につけます。
 漢字で書くと、南天ですが、中国名の南天竹あるいは南天燭に由来して、南天を音読みしたものです。
 実は、南天実という咳止めの妙薬として有名です
(12.29生まれの性格、運勢)
どんな職業を選んでも成功する運がある。でも、理想を求め転職をくり返す可能性も。

ねばり強く、困難にもめげない根性のあるあなたは、どんな職業についても成功できるラッキー運があります。仕事にマジメに取り組むタイプだから、まわりからも、高い評価が得られるはず。でも、あなたの場合、理想を追い求めるので、自分の立場につねに疑問を持っています。ある時期がくると見切りをつけて、転職をくり返すことも。また、あなたに適した職場は設立してから間もないところ。古い体質の会社はさけたほうが吉。

欲しいものはガマンしないで買う主義。ファッションなどにお金をかけるタイプ

やぎ座は、経済観念が発達している人が多く、お金のためかたがじょうずだといわれますが、この日生まれのあなたは、あまりお金に執着しないタイプ。
あなたは、自分が欲しいと思ったものは、ガマンしない主義。流行のファッションにも興味があり、洋服などにもお金をかけるタイプです。手持ちのお金がなければ、カードローンも抵抗なく利用するでしょう。
また、堅実に貯金をするやぎ座の中では、あなたは例外。貯金にはあまり関心を示しません。お金があれば、あるだけつかってしまうところも
好きな人には積極的にアプローチする人。相手のルックスがいちばんのポイントに。

やぎ座の人は、とても慎重で、自分の気持ちをなかなか表現しないタイプですが、この日生まれのあなたは、自分から積極的に行動を起こす人。あなたは、好きな人ができると、さり気なく相手に接近し、控え目なアタックを開始します。一度でダメなら何度もねばり強くくり返すでしょう。そして、最終的には相手から告白させるように持っていきますが、相手の気持ちがわかったところで、自分から告白することも。また、あなたの好きになる人は、ルックスのいい人。まず、相手を顔やスタイルで判断し、性格は二の次。若い時期は特にそのパターンが多く、やぎ座の中でも恋の数はダントツ。つきあってみてタイプじゃないとわかると、ソク、サヨナラということも
今日生れの有名人


1952年 浜田省吾 (シンガSHOGO HARBOR SIGHT: 浜田省吾
1956年 桜金造 (タレント)
1957年 金原亭世之介 (落語家) → オフィシャルサイト
1957年 小室みつ子 (歌手) → miccos.com 公式サイト
1958年 早乙女愛 (俳優)
1960年 岸本加世子 (俳優)
1961年 越前屋俵太 (タレント)
1964年 鶴見辰吾 (俳優) → 鶴見辰吾ブログ:自転車名人
1969年 加勢大周 (俳優)
1973年 佐藤ルミナ (挌闘家) → 佐藤ルミナ公式ブログ
1977年 MINA (歌手) → MAX公式ホームページ
1977年 しいなまお (タレント)
1977年 橋口美穂 (体操)
1981年 荒川静香 (フィギュアスケート) → shizuka-arakawa.com Official Web Site
1994年 佳子内親王殿下 (皇族,秋篠宮文仁親王の第二女子)



こんにちは、いってつです。
今年も残すところあと3日。あっと言う間の一年でした。
営業は、あと2日です。【笑顔】に【セールス・トーク】に【料理】
に全力で頑張ります!宜しく御願いします。
関西ゴルフ界の大御所が亡くなりました。
「ラフあれば苦あり」ゴルフを愛した映画評論家、双葉十郎さんの作と言われる。アマチュアの愛好家はもちろんこと、プロもうなずく。昨日74歳で死去し杉原輝雄さんは稀有の人であったらしい。ラフどころかバンカーも苦にしなかった。49年前に日本オープンで初優勝したときは、「バンカーは得意なので、わざと入れた」と語っている。
 身長162CM。口癖は「プロゴルファーの中で僕が一番飛ばない」。性格無比なショットと、【マムシ】と呼ばれた勝負への執念で、体格の不利をはねのけた。
 「生涯現役」を体現した人でもある。国内最年長の予選通過しを達成したのは、闘病生活に入ったのち、68歳のときである。
「(プロに転向した16歳の石川遼選手を)僕は一方的にライバルだと思っている」と語ったのは70歳のときだった。
 前を向く、ただそれだけのことがむずかしいご時世である。
病気という人生の草深い 【ラフ】にうつむくこなく、前を向いてクラブを一心にふり続けた人に、頭が下がる。
(読売新聞 記事一部 伐採)
お薦めは、 「とらふぐの刺し身 てっさ」です。

 一人前からでもどうぞ!