同志社大に並ぶ 帝京大V3

 1月9日   成人式
誕生花   観音竹(かんのんちく)
花言葉    
スマートな淑女 かんのんち
ヤシ科の常緑低木で、中国南部・沖縄の原産。
 高さ約2メートルで、繊維質の葉鞘で被われています。
 江戸時代に琉球から伝わり、沖縄の観音山から出たので、この名前が付きました。
(1.9生まれの性格、運勢)
強くてガンコ、まっすぐなのはいいけれど、折れやすいのが難点。

まっすぐな正直者で、パワフルな行動力の持ち主。1月9日生まれのあなたは、典型的な山羊座人間です。正義感や責任感の強さも、人一倍で面倒見のよさもバツグンとくればまわりから、人間のできた人という評価と尊敬のまなざしをいただいていることでしょう。ただ、ちょっと心配なのは、柔軟性に欠ける面。予想外の事態が発生したり、責任が重すぎたりしたら、いきなりボキッと折れてしまいそうなこと。「柳に雪折れなし」。これは、柳の枝に柔軟性があるので、どんなに枝に雪が積っても枝が折れることはない、という人生訓なのです。あなたは、枝の強さは十分なのですから、この柔軟性も身につけるると向かうところ敵なし、になることウケアイ。今日から、強くてやわらかい柳をめざしましょう。
晩年、金運がアップする。若い頃はお金に関する苦労がつきまとう。

あなたが、金運に恵まれるとするとそれは、かなり晩年になってからの暗示。若い頃は、かなりお金の苦労をしいられる星まわりです。それは、自分自身のせいというより、まわりの環境によるものが大なのですが。たとえば、家族の誰かが病気になって、あなたが経済的な面倒を見なくてはならなかったり、勤めていた会社が突然、倒産の憂き目にあったり…。でも、そんな若いときの苦労は、晩年の金運となって報われますので、ぜひ将来に希望を託して、苦労を乗り切ってください。それに、若いときなら頑張りもきくものです。

恋愛に負けず嫌いは禁物。自分の本心をキチンと見つめて。

あなたの、負けず嫌いは恋愛にも濃厚に反映されそう。ライバルの多そうな相手がいると、とにかく自分のものにしたがったり、そろそろ別れようかなと熱が冷めてきた相手だって、ほかの人に取られそうになったりするとガゼン愛の炎が燃え上がる傾向がありそう。でも、それは本当の愛ではありません。だだ、競争心だけで相手を自分に振り向かせても結局は空しさが残るのみ。
あなたが、そんなことをしている間に、本当にステキな異性はすっかり他の相手を作っている、なんてことともままありそう。幼稚な恋のさやあては早く卒業して、本当の恋を探す心の旅に出ましょう。そして、ちゃんと改心すれば、愛の女神さまがあなたにふさわしい相手を地上に送り込んでくれる暗示です。

今日生れの有名人

1938年 大林宣彦(映画監督) → 大林監督のブログ
1939年 西田佐知子(歌手)
1947年 岸部一徳(俳優) → 
岸部一徳 (俳優)のプロフィール – Yahoo! JAPAN
1953年 宗茂(マラソン)
1953年 宗猛(マラソン)
1965年 一路真輝(俳優)
1969年 松本千恵美(俳優)
1970年 及川麻衣(俳優)
1970年 藤岡未来(俳優)
1974年 岡本真夜(シンガー) → 
岡本真夜オフィシャルホームページ
1984年 金田美香 (タレント,俳優)
今日は、成人式です。前は15日だったのですが いつからか変わってしまい いまいちピンとこないのですが。。
今年の「新成人」は122万人(前年比2万人減)で、5年連続で過去最小を更新した。ピーク時の1970年(246万人)の半数を初めて下回った。
今年のえとの「辰」年生まれの年男、年女計1022万人。総人口に占める割合8%。52年生まれと、76年生まれが176万人で最も多い。
今日は、 【いわしの梅煮】です。


身体にやさしく 栄養たっぷり!骨まですべて食べれます