初もの

 3月25日     電気記念日

3月25日 電気記念日



 1878(明治11)年のこの日、東京・銀座木挽町中央電信局が開設され、その祝賀会会場であった工部大学校(東京大学工学部)で50個のアーク灯が点灯しました。
 これが日本初の電灯です。
 これを記念して日本電気協会が1927(昭和2)年に制定しました。
誕生花    黄蓮(おうれん)
花言葉     
変身
おうれん
キンポウゲ科の多年草で、日本各地の山地林下に自生しています。
 高さは約30センチメートル。
 早春に、白色星形の萼が目立つ小花を開きます。
 根は黄色の染料に、また根を干したものは漢方生薬で健胃薬にされます。
 黄蓮という名を持ちながら、まっ白な花を咲かせます。
 名前は、この植物の茎が染料に用いられるほど黄色いことからきています
(3.25生まれの性格、運勢)
目立ちたがりで個性的。不可能に挑戦することで自分を表現。

おひつじ座ならではの「目立とう精神」がさらに働いて、この日生まれの人はとても個性的。自分の個性を周囲に見せつけ、自分をアピールするのも特徴でしょう。そうすることで、他人との違いに優越感を持ちたがるのです。かといって、表面的に人を見下したりはしません。ほかのおひつじ座にもいえるように“私こそ”というのがキーワードです。あなたにとって、自分が満足することこそが、生きていくパワーになるのです。また、あなたは自分の個性を発揮する手段として、刺激的なことを選ぶ傾向が。他人から絶対無理といわれることにも、あえて挑戦していくのです。その刺激的なことは、自分にとっても快感となり、それを達成したときの満足感はかなりのもので、自信にもつながります。

地道な金銭感覚の持ち主。自分へのごほうびも忘れない。

お金に関してはしっかりしています。ですから、金運そのものも、そう大きな変動はないでしょう。ただ、しっかりしているといっても、コツコツ貯めたりはしません。この日生まれの人は、「これだけ働いたんだから自分にごほうびをあげなくちゃいけない」と思います。たとえば、ボーナス後にがんばった自分のために宝石を買ってしまうようなタイプ。
でも、不思議と経済的ピンチにはなりません。動物的なカンできちんとブレーキをかけられる人なのです。貯金もそこそこにして、個性的な性格のわりには地道な金銭感覚の持ち主といえるでしょう
当たって砕けろの精神で、積極的に思いを伝える。

恋愛にはかなり積極的。「ほしいものをほしい」と素直にいえる人です。それが友だちの恋人や、家庭のある人であっても、いわずにはいられません。“自分に自信があるから……”と周囲の人はこの行動を見て思うかも。でも、この日生まれの人にとっては、自信以前の問題です。自分の人生の舞台をしきるのは、ほかでもない自分なのですから。ただ、人生そううまくはいきません。自分がほしいからといって、それが簡単に手に入れば何の苦労もいりません。あなたが本当にほしいものを手に入れるには、かなりの失敗やざせつを繰り返していくでしょう。でも、この人はひとつの恋をいつまでも引きずるようなことはありません。恋の物語は一話完結なのです
今日生れの有名人


1872年 樋口一葉 (小説家,歌人) → 一葉記念館 @ 台東区芸術文化財団
1940年 志茂田景樹 (小説家) → 志茂田景樹ワールド
1951年 ジャンボ鶴田 (プロレス) → ジャンボ鶴田の部屋
1959年 嘉門達夫 (シンガー) → 嘉門達夫オフィシャルブログ 冷やし中華始めましたか?
1959年 原田宗典 (小説家) → はらだしき村(公式サイト)
1960年 毬谷友子 (俳優)
1961年 山下和仁 (ギタリスト) → 山下和仁アートサークル ( 公式ファンクラブサイト )
1961年 小曽根真 (ジャズピアニスト) → Makoto Ozone
1966年 宮川一朗太 (俳優) →Shrine River(宮川自身が製作)
1966年 堀部圭亮 (タレント) → HORIBE REPUBLIC(公式)
1967年 知念孝 (体操)
1970年 嵯峨根正裕 (芸人) → 公式プロフィール
1973年 船津奈々絵 (タレント)
1976年 NANA (歌手(MAX)) → MAX公式ホームページ
こんにちは。
今日は、京都が世界に誇る 食材 一年間 その食材の為に
グランド整備して土を育て、えぐみの少ないものを作る技術。
乙訓地方(長岡京、向日市、西京区) 竹の子(筍)

赤土が特徴



湯がいた後、氷水でしめます

追い鰹で煮含めます

筍の香ばしい味をどうぞ