山科疎水

 4月17日          恐竜の日

4月17日 恐竜の日



 1923(大正12)年、アメリカの動物学者ロイ・チャップマン・アンドルーズがゴビ砂漠へ向けて北京を出発した日です。
 その後、彼は5年間で恐竜の卵の化石を25個発見、世界で初めての快挙となりました。
 以来、本格的な恐竜研究がスタートします。
誕生花  大飛燕草(おおひえんそう)
花言葉   
私の心を読んで下さい、信頼、軽快
ラークスパー(おおひえんそう)
キンポウゲ科の多年草で、中国北部の原産です。
 夏の暑さに弱く、日本では秋まきの越年草として古くから栽培されています。
 園芸店では、「デルフィニウム」の名前で売られています。
 ヨーロッパではギリシャの英雄アジャックスが亡くなった場所から咲きはじめたという伝説があります
(4.17生まれの性格、運勢)
心深くに情熱をひめ、勝負に勝つことに喜びを感じる。

おひつじ座は競争心が強く、常にトップに立ちたいと願う星。あなたもその傾向は強く、激しく燃えるような情熱を持っています。ところがあなたの場合、その激しいエネルギーは深く内側にひめられていて、見たところではそれほど競争心むきだしという感じではありません。まわりの人も、あなたのことをクールなタイプだと思っているはず。でも、ちょっとしたときに気の強さが出たり、自分が中心でないと気がすまないような一面が顔をのぞかせるのです。「誰にも負けたくない」「1番でいたい」という願いが勝負には強く、自分が勝ったときには得意気な表情が出てしまいます。そこがまた、あなたの可愛いところでもあるのですが、ときには「イヤ味なやつ」と思われることもあるでしょう。
地道に貯めるよりも、つかう方が吉。一生にいちどは大金を手にする暗示。

あなたは、お金が大好き。ところが、コツコツ地道に貯金、なんてやり方は嫌い。楽しみや喜びをもたらしてくれるものとして、お金を愛しているからです。
そんな心が自然とお金を呼び寄せます。だから、気ままに暮らしていても、お金に困るようなことはありません。むしろお金にあまり執着しないで、趣味や遊びにつかうのが金運アップのヒケツといえそうです。
また、一生にいちど、大金をつかむ暗示があります。玉のコシにのるか、宝くじで大当りするか……。ただし、遺産をあてこむと、せっかくの運がダウンするので注意
ストレートな愛情表現で、相手の心をつかむ。

恋愛にはけっこう積極的。好きになったらとまらない、というタイプ。ストレートに愛情を表現する人です。ただ、アプローチが自分中心になりがちで、相手を困らせることが多いのも事実。それは、欲しいものは何としてでも手にいれようとする、子供のような無邪気さから。ときには、そんなあなたの一生懸命さが相手の心をとらえ、恋がかなうことも……。でも、もう少し相手の立場も考えることができるようになると、恋の成功率もアップするはずです。そんなあなたですから、反対に誰かからアプローチされるのは大の苦手。嫌だと思っても、はっきり返事ができず、煮えきらない態度でぐずぐず……。恋の達人になるためには、「NO」ということも勉強しましょう
今日生れの有名人


1837年 板垣退助 (政治家) → 板垣退助 | 近代日本人の肖像
1935年 畑正憲(ムツゴロウ) (動物学者) → ムツゴロウ動物王国
1966年 立川俊之 (ミュージシャン) → 立川俊之
1967年 ゴルゴ松本 (芸人) → ワタナベエンターテインメント 公式プロフィール
1973年 小林賢太郎 (芸人) → KENTARO KOBAYASHI WORKS:小林賢太郎のしごと
1975年 川津春 (俳優)
1976年 椎名エミ (タレント)
皆さんこんにちは。
この時期のお魚   「しらうお」 です。

柳川鍋、茶碗蒸し、かき揚げ等 おいしく頂けます。
今日は、京都・山科 疎水の桜をご覧下さい。



菜の花とのコントラストも綺麗です。


映画のロケでも使えそうです


琵琶湖から山科を経て東山南禅寺へと流れてます。