足早に帰宅。

 H.24    6月9日(土)

皆さんこんにちは。
昨夜は、ほんとよく降りました。  
当たり前やけど皆、足早に帰宅してましたね。
今日は、アメリカンジョークを幾つか紹介します
1.

女性をホテルに誘うとき、
「絶対イヤ」と答える女性の本心は「行ってみようかな」。
「嫌だ」と答える女性の本心は「今すぐ連れてって」。
そして、
「今すぐ連れてって」と答える女性は・・・
それはもう女性ではない。
2.

世界でもっとも幸せな男は?
アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男。
じゃあ、世界で一番不幸な男は?
日本の家に住み、中国の給料をもらい、イギリスの食事をとり、アメリカ人の妻を持つ男。
3.
「なぜ君は彼女と結婚しないの?」
「彼女、ちょっと言語障害があるんでね」
「それは気の毒だな。ひどいのかい?」
「うん、彼女、どうしても”YES”って言えないんだ」
4.
幼い娘を連れた母親がバスに乗り込んだ。
バス代を節約しようと考えた母親は、娘の料金を払わなかった。不審に思った運転手が女の子に尋ねた。
「お嬢ちゃん、年はいくつ?」
「5歳半よ」女の子が答えた。
「いつ6歳になるの?」と運転手が重ねて尋ねると、女の子が答えた。
「バスを降りたら」
5.
性の手紙はたいてい、「追伸」のなかにいちばん肝心の用件が書いてあるハズリット)

美人でない女のほうが、美しい女よりも、男についてよく知っている。
 (キャサリン・ヘップバーン)
7.
 
婚礼が終わって半年――亭主が語り、女房が聞く。
  婚礼が終わって三年――女房が語り、亭主が聞く。
  婚礼が終わって十年――亭主が怒鳴り、女房がわめく。
 それを隣の人が聞く
なんとなく納得するものありませんでしたか?
今日は「自家製 鰆(さわら)の西京焼き」 です。

白味噌がサワラの身の細胞の隅々までしみ込んでいます!
漬け焼きの醍醐味を感じれる逸品。
是非食べにいらしてくださいませ