いざ 薩摩へ 3

 9月22日

皆さんこんにちは。
今日もいいお天気なりました。
暑さ寒さも彼岸までと言いいますが、少しずつ過ごしやすくなりましたね。
「鹿児島酒蔵訪問の旅」

酒米を蒸す

麹菌をつけます

麹室で寝かせます。
麹臭いが 壁一面に広がってます

甕(かめ)で発酵

芋を洗って
芋を皮を剥く 磨り減ったまな板 年期を感じさせます。
 

仕込み芋(コガネセイガン)の粉砕機

仕込みの芋を入れ
発酵させるとぷつぷつ まさに生きてるかのよう・・

木樽蒸留機
鹿児島県でも今や数件しかないらしい

蒸留された酒の原酒 (約70度~12度)
下の口から ぽた ぽた
ハナタレ、ナカタレ、シマイタレ その平均が38度の原酒

仕込んでいたのがこれ
「石蔵」 と 「あいら」

ほとんど 流通していない希少な芋焼酎。
ほんと 美味い焼酎です!

 別の蔵では、一般用の芋焼酎 「白金の露」の仕込み

こちらは、木樽約5倍の作れる 金の蒸留機。


明治2年の建築の酒蔵の前でパシャリ
今回の旅の同行させてもらった 
お客さんの竹内さんと
芋焼酎 「石蔵」は、うちで愛飲されてます。
余談ですが、シアトル・マリナーズの川崎選手(愛称:ムネリン)は、ここ重富中学の出身。ここからすぐ近くで、実家は電気屋さん。

今回同行してもらった、販売店の「カジキ商店」さん。
長いお付き合いをさせてもらってます。
「あいら」と「石蔵」は、ここで買えます。
通販もやってます。ネットで検索してください。

姶良市の「帖差」駅から鹿児島市内へ戻ります。
鹿児島の夜は、又次回に紹介します。
本日の逸品は、
「さばの味噌煮」


白ごはんがよく合います。