【ポテサラ】

 2月20日(木)

皆さんこんにちは。
2月も20日がすぎました。
2月は「逃げる」と言うくらいなので早いです。
今日の記事


濡れ場も辞さず ベルリン女優賞・黒木華が語っていた「覚悟」

2014年2月18日 掲載




大女優の風格
「第64回ベルリン国際映画祭」において史上最年少で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞した黒木華(23)の評価がうなぎ上りだ。
 審査員は「今回、女性陣が活躍している作品がコンペティション部門の中に多数ありましたが、黒木さんの演技力が群を抜いていました」と最高ランクの評価。にもかかわらず、帰国会見では「自分の人生では受賞は大きな出来事だけど、それにとらわれることなく、自分のペースを守ってこれからもやっていきたい」と謙遜するところも奥ゆかしい限りである。
「もともと、黒木は大学時代に演技を学び、演出家・野田秀樹の舞台でデビュー。声が張っていて滑舌が良く、間の取り方が絶妙。おまけに、役にしっかり入り込んで自分のカラーを完全に消し去っている。まだ23歳だが、同世代の女優では群を抜いている」(映画評論家)
 昨年は「舟を編む」「草原の椅子」、初主演作「シャニダールの花」など4本に出演し、国内の各映画賞の新人賞を総なめにしたが、ベルリン受賞で世界にその名をとどろかせた。
「私服だとまったく女優オーラがなく妙に落ち着いている。一般人に溶け込んでいるという表現が適当かも。『作品の中で役として生きたい』と語っていたこともあり、ヌードや濡れ場のオファーにも『その作品が良くなるなら脱ぐ』と躊躇(ちゅうちょ)なく答えていた。今、あれだけの覚悟を持っている女優は少なく、業界には黒木ファンが多いので、今後オファーが殺到しそうです」(取材した映画ライター)
 新時代ヒロインの登場だ。
本日の逸品
南京とじゃがいものサラダ(ぽてサラ)


久しぶりに作りました。
たまに食べたくなりますよね
かぼちゃが甘くて美味しい!
 

本日のお造り  盛り合わせ(2人前) 2400円 




あじ(高知)    850円   紋甲いか(淡路)   850円


さばきずし(房総) 980円   生かき(鳥羽) 2け 680円           


ひらめ昆布メ(愛媛)900円   生うに(北海道)  1400円


サーモン      800円   てっさ(長崎)   1400円


とり貝(三重)   750円   雲子ぽん酢      950円