【蟹江さん逝く】

 4月5日(土)

皆さんこんにちは。
訃報です。
渋い俳優さんがまた一人亡くなれました。

蟹江敬三さん、胃がんで死去 69歳 「あまちゃん」祖父役、「ガイアの夜明け」ナレーションなど


シネマトゥデイ4月5日(土)11時21分配信







蟹江敬三さん、胃がんで死去 69歳 「あまちゃん」祖父役、「ガイアの夜明け」ナレーションなど

胃がんのため69歳で死去した蟹江敬三さん


 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロイン・アキの祖父を演じたことなどで知られる俳優の蟹江敬三さんが3月30日午前8時27分、胃がんのため都内の病院で死去していたことが明らかになった。69歳。所属事務所によると、故人と遺族のたっての願いにより、今月2日に家族葬を済ませたという。後日、お別れ会を開催する。
 蟹江さんは昨年末に胃がんであることが発覚。今年1月から入退院を繰り返しており、同月には12年にわたってナレーターを務めていたテレビ東京系「ガイアの夜明け」を体調不良のため、降板していた。
 2012年に第21回日本映画批評家大賞で、映画界・演劇界に功績を残した人物に与えられるゴールデングローリー賞を受賞した際には、「わたしは67歳になりまして、一般的には老人といわれる歳ですが、こんな賞をいただくと、ご苦労さん、引退していいよと肩を叩かれている気がしますが、すみません。まだ引退する気はありません」と宣言。だが、それからわずか2年。69歳での、早すぎるお別れとなった。
 高校卒業後の1964年に俳優としてのキャリアをスタート。1980年に放送された水谷豊主演のテレビドラマ「熱中時代(第2期)」の巡査・佐藤忠信役が話題になり、その後は「鬼平犯科帳」など多くのテレビドラマ・映画に出演した。近年はNHK大河ドラマ「龍馬伝」での岩崎弥次郎、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でのヒロインの祖父・天野忠兵衛などがはまり役として知られていた。
本日の逸品
道明寺の桜蒸し


桜の香りが春を感じる逸品をご笑味下さい。
 


本日のお品書き (価格は税別)




 本日のお造り  盛り合わせ 2200円 




天然はまち(徳島) 900円   天然たい(大分)   950円


さばきずし(長崎)1000円   きびなご(鹿児島)  600円           


よこわ(島根)   900円   豊後あじ(大分)   900円


とり貝(山口)   900円   天然スズキ(徳島)  900円


活さざえ(鳥取)  650円




      <煮付け>お時間頂ます


若竹煮(乙訓産)  900円 骨まで柔らかさばの味噌煮 750円  


鯛のあら煮     880円   めばると筍の煮付け 1200円


あこう煮つけ   1300円   真鯛の桜蒸し     900円




              肉系料理 


黒毛和牛のタタキ 1200円  黒毛和牛ミスジと旬野菜の鉄板焼き


                           1000円


国産馬刺し     980円  京赤地鶏の塩焼き    750円        


和牛の味噌漬け   750円  くじらのカツ      880円




    お時間頂きます  <焼き物、塩干など>




特選ホッケ焼き   950円  竹の子木ノ芽焼き    900円


本ししゃも焼き   900円 きんき塩焼き     1500円 




のどぐろ塩焼き  1400円 活さざえの磯焼き    600円 


ぐじの塩焼き   1400円 紅シャケ焼き 美味!  700円




              <揚げ物>


旬の天麩羅盛り合わせ(山菜等)    (1人前) 1400円


 (揚げたてをお出します)    いわしのフライ    700円


               その他


毛がにのグラタン   900円 天然はまぐりのお吸物  650円


海鮮丼        980円 自家製ホタル烏賊沖漬け 650円


あじなめろう茶漬け  950円