【LCC】

 5月2日(金)

皆さんこんにちは。
いきなりこのお天気、ルール違反の暑さです。
今日の記事


あわや激突、大量欠航…LCC優等生「ピーチ」に異常事態

2014年4月30日 掲載



井上慎一CEO
 あと20秒で海面激突─―。
 格安航空会社(LCC)「ピーチ・アビエーション」の航空機が28日、那覇空港への着陸直前に警報装置が作動、回避操作をしていたことが明らかになった。海面までの距離はわずか75メートル、時間にして20秒のあわや、というギリギリのタイミングだったことがわかった。
 これを受け、国交省は事故につながる重大インシデントと認定した。ピーチといえば、先週、機長不足で大量の欠航を発表したばかり。同社に何が起きているのか。
 ピーチの発表では、今年5~10月に最大10路線、2088便が欠航する可能性があり、既に5月19日~6月末の448便は欠航が決定済みだ。井上慎一社長が「飛行機をきちんと飛ばすことが基本」と主張し、欠航率1%以下を誇っていただけに、異常事態である。
■想定を上回る機長の病欠

 理由について同社は、機長の病欠者が想定を超えたうえ、新規採用が間に合わなかったと説明している。機長は現在52人。病欠3人までは想定していたが、8人は想定外だったという。
「一度に8人も病欠というのは驚きですが、ピーチの機長は、経営破綻時にJALを退職した人が多く、高齢だということも遠因でしょう。LCCでは機長の32%が60歳以上という国交省のデータがあるほど高齢化しています。もっとも今回のピーチの場合、8人全員が規定の健康診断に不適合だったわけではないそうなので、安全性を重視した判断ともいえます」(航空関係者)
 関西空港を拠点に12年3月に就航したピーチは、当初の2路線から、この2年間で17路線、12機態勢まで拡大した。今期は機長62人態勢を計画しているが、機長不足は世界的な傾向のため、計画通りにいかない可能性が高い。
「新規採用が進まない背景に、外国人機長は東京(成田)ベースを好むため、大阪ベースのピーチは不利というのもあります。また、世界中でLCCが拡大し、慢性的なパイロット不足で争奪戦になっている。アジアだけでもパイロット不足は、年間1万人ペースといわれているほどです」(前出の航空関係者)
 つまり機長不足はLCC共通の悩みなのだ。
 LCCは安さがウリなのに、機長の争奪戦で年収を上げればコストに響く。とはいえ、欠航続きはもっと収益に響く。ようやく日本に定着してきたLCCだが、このままでは経営が成り立たなくなってしまうのではないか。
LCCをご利用の際は覚悟が必要です。
本日の逸品

もうこの時期出回ってきました。
岩牡蠣 



フライも美味!
ご笑味ください。