ブログ更新しました【シーズン突入】

 3月29日(土)

皆さんこんにちは。
いいお天気になリました。
お花見日和です。 
名神高速も渋滞してます。お気つけてお出掛けくださいね
気になる記事があったので紹介します。



もうすぐ4月 こんなモンスター新入社員がやってくる




歓迎会「業務命令で飲酒、賃金払え」


 あと数日で4月。会社に新卒の社員が入ってくるが、くれぐれも油断は禁物だ。今どきの新入社員はオジサンにとって宇宙人。何をしでかすかわかったもんじゃない。
「敬語をろくに使えないとか、お酒の付き合いがヘタなんてのはかわいいほう。現代の新入社員に共通するのは『他力本願』。他人に頼り切るのです」と言うのは「ビジネススキル研究所」代表の鶴田慎一氏だ。
「ある中堅企業の新人は入社早々、“ボクをどのように育てるつもりなのか計画を聞かせてください”と上司に詰め寄った。自分で努力せず、誰かに引っ張ってもらおうという考えです。新人が入社の数カ月後に辞表を出し、母親同伴で辞める理由を説明したケースもあります。自分で言う勇気がないので母親に代弁させたのです。母親は上司に“あなたのせいで、うちの子はつらい思いをさせられた”となじり続けました」
 昔は女子の新入社員がエリート男性をゲットして結婚にもちこもうとしたが、いまは立場が逆転している。男子社員が「親が金持ちの娘と出会いたい」と血眼になって入社してくる。とくに旧財閥系企業は良家の子女が多いため、男子は結婚に向けてライバル競争を繰り返している。長年にわたる不景気で「いつ倒産にあうかわからない。サラリーマンは不安定だ」という不安感を植えつけられているからだ。
「新人が歓迎会への出席で残業代を請求しようとしたという実話がありますが、さらに深化しています。ある小売企業の新人は、歓迎会や上司に誘われてお酒を飲んだ時間を克明にメモ。“業務命令で酒を飲んだのに賃金が払われない”と労働基準監督署に訴えました」(鶴田慎一氏)
指導していくのが大変な時代になってます。
本日の逸品
にしん(鰊)


いわしに似てます。丸々肥えてます
小骨が多いので、抜いて
鮮度がいいので、表面をかるく炙って 焼き霜造り、握りでどうぞ。
水鰈(カレイ)




左ヒラメに、右カレイ 
煮付け、から揚げでどうぞ。
その他、ケンケンがつお、活ガシラ入荷してます。
桜のシーズン突入!
京都桜紀行
京都市植物園


彼岸さくら


杏(あんず)の花


カワズ桜



植物園で有名な 「枝垂れ桜」