ブログ更新しました【始球式】

 5月6日(月)

皆さんこんにちは。
GW最終日 いいお天気に恵まれて良かったですね。






Photo
安倍首相が球審を務めた始球式で、松井氏の内角高めの球を左手一本で力強く振り抜く長嶋氏。捕手の原監督も思わずのけぞる(スポニチアネックス)


<国民栄誉賞>帰ってきた栄光の「3」 ドーム大歓声


毎日新聞 5月5日(日)23時0分配信




 それは、懐かしい響き、懐かしい光景だった。「4番、サード、長嶋茂雄、背番号3」。東京ドームで5日行われた国民栄誉賞表彰式の直後の始球式。「ミスター」長嶋茂雄・元巨人監督(77)が打席に立ち、スイングを披露した。
 アナウンスが鳴り響くと、背番号3の巨人のユニホームを上半身だけ身にまとった長嶋氏が登場。2004年に発症した脳梗塞(こうそく)の影響で、右半身のまひが残る長嶋氏は、左手1本でバットを持ち、打席に入った。マウンドには、同時に国民栄誉賞を受賞した愛弟子の松井秀喜氏(38)。始球式では空振りするのが打者の習いだ。しかし、長嶋氏は左手1本で本気で打ちにいった。投じられたのは顔付近の高いボール球。「気持ちが高ぶりました。打とうという気持ちがあった」と懸命に振ったが空振り。思わず苦笑いを浮かべたが、球場は大歓声に包まれた。
 先だって行われた表彰式では、「松井君と一緒に(国民栄誉賞を)もらったとあって、非常にありがたく御礼申し上げます」とあいさつ。脳梗塞で倒れて以降初めて、球場でファンに肉声を届けた。
 リハビリ指導にあたる医師の石川誠さん(66)によると、当初は「一般人なら歩くのもつえが必要というのが限界」という深刻なものだった。石川さんの病院に入院した04年当時は通常、リハビリは2時間まで。しかし、病院の配慮で1時間増やした上に、長嶋氏は自前でトレーナーを雇い、さらに1時間以上をリハビリに費やした。野球日本代表の監督を務めていた04年アテネ五輪に行きたいという強い思いで取り組んだ。「一般人の3倍のスピードで、3倍良くなった」(石川さん)
長島さん本当に打ちそうな感じでしたね
お客さんに喜んで頂ける逸品

天然まだいのカルパッチョ バルサミコ風味
京都の端っこから巧いもん発信してます


http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l1/

キバナ藤