ブログ更新しました【一徹】

 
5月14日(火)

皆さんこんにちは。
こんなご存知でしたか?小生は初めて知りました。


日本初 女性向けAVの専属男優は草食系の貴公子




【芸能】

楽天SocialNewsに投稿!Yahoo!ブックマークに登録
2013年5月9日 掲載


 



<一徹>
 AV男優界に超新星が現れた。
 ベビーフェースにスリムな肉体と、一見モデルのような容姿……。彼が「日本初・女性向けAVの専属男優」、一徹だ。日焼け肌にマッチョな、いかにも「精力が強そう」なAV男優と正反対。「草食系のルックス」が女性に爆発的に人気なのだ。
 男性向けAVが1作品で3000本売れればヒットといわれる中、一徹は1作品で1万本を売り上げるダントツの人気。現在、月野帯人、ムーミンとともに、「エロメン三銃士」と呼ばれ、イベントは常に大盛況だ。
 174センチ、68キロ、埼玉県出身の34歳。大学を卒業し、会計士の資格勉強中に、この世界に入った。
「24歳のとき、精液だけを提供する、汁男優の募集をネットで見つけて応募したのがきっかけ。僕の10代はAV出身の女性タレント全盛で、AVにものすごく興味がありました。初めてのギャラは1000円、現場までの交通費を引いたら、実質は40円でした」
 そんな汁男優から始まり、甘いルックスとこまやかな気配りを武器に月に40本の撮影をこなすまでになり、経験人数は3000人を超えた。
 転機が訪れたのは09年、an・an「SEX特集」付録の女性向けAVの出演だった。08年に発売されたソフトオンデマンドの女性向けAV「シルクラボ」シリーズに出演していた一徹が男優に抜擢された。女性が求める「恋愛小説のような淡いストーリー」と、「キスと抱擁を重視したセックスシーン」に読者からファンレターが殺到、翌年、シルクラボの専属男優となった。
「専属契約はありがたいです。ただ、今まで月40本だった撮影本数が月1、2本に減ったので感覚が鈍るんじゃないかと心配です」と常に危機感を持っている。
<男が見ても新発見たっぷり>
 女性人気の理由は、「自然体」のキャラクターにもある。
 AVに入る前の経験人数は2人、既婚で3歳の子持ち。妻子に関しても聞かれれば素直に答える。
「子供の送り迎えもしますよ。ただ、僕の仕事がバレて子供がいじめに遭うことがあったら、すぐ引っ越しできるよう夫婦で話し合っています」
 女性のための男優ならではの気遣いも多いそうだ。
「女性向けAVは私生活のセックスに近いですね。この仕事をしていて、女性は激しい挿入や言葉責めを望んでいなかったり、男性向けAVの悪い側面に気づかされます。よかれと思って男性がやっていることが、逆に嫌がられる理由になることも多い。僕のような存在を知ることで、女性の好むセックスがあることを知っていただけたらいいですね」



「SEXは男性用AVで学んだから自信アリ」なんていう世のオトーサン。貴重な一徹の声を聞け!
俺とちゃいますよ(笑)
うちはこっちの「逸 徹」です。



 

 





なかなかのイケメンです。
Photo by
鈴木一徹オフィシャルサイト
名前
一徹(いってつ・Ittetsu)/旧・鈴木一徹(すずき いってつ・Suzuki Ittetsu)
身長
174cm
誕生日
2月21日
血液型  B型

本日の逸品
活あわび


肝バター焼きでどうぞ
京都の端っこから巧いもん発信してます

http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l1/