ブログ更新しました【いさき】

 5月23日(木)


こんにちは。
いいお天気ですね。
暑いけど昨日よりは、湿気も少なく気持ちのいいお天気です。


「今太閤」宮根誠司 年収5億円超!?



【芸能】

楽天SocialNewsに投稿!Yahoo!ブックマークに登録
2013年5月22日 掲載


 





 今月17日の深夜1時過ぎ。東京・六本木の交差点付近に宮根誠司(50)の姿があった。
「顔は真夜中なのにテカテカに黒光り。普段のスーツ姿ではなく、若者が着るようなチェックのシャツを着ていましたが、帽子もかぶっていなかったのですぐに気がつきました。実物はかなり小柄で驚きましたね」(目撃者)
 数人を引き連れて、意気揚々と付近の雑居ビル内に吸い込まれていったという。テレビ関係者がこう解説する。
「月曜から金曜の夕方まで『ミヤネ屋』(読売テレビ)の司会を務めている宮根にとって、東京に移動した後の金曜の夜は1週間で唯一、時間を気にせず酒がたらふく飲める日なのです。一緒にいたのは日曜日に放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ)のスタッフでしょう」
“浪速のみのもんた”の異名をとり、関西では飛ぶ鳥を落とす勢いだった。東京進出を遂げたのは、08年に関西ローカルの「ミヤネ屋」が全国ネットで放送されるようになってから。10年には滝川クリステルとコンビを組んだ「Mr.サンデー」がスタート。「関西弁の司会者は東京で成功しない」というジンクスを打ち破り、今や東京のみならず全国区の“顔”に成長した。
<狙いは小倉智昭の後釜>
「『ミヤネ屋』のギャラは1本120万円ほど。帯番組ですから、年間で約3億円。『Mr.サンデー』は200万円ほどなので年間で約1億円。他の特番の収入も含めた年収は5億円超でしょう」(テレビ制作関係者)
 六本木を闊歩(かっぽ)する姿はまさに「今太閤」か。
「本人ももっと大きな仕事がしたいと常々口にしています。狙いは小倉智昭が司会の『とくダネ!』の後釜です。今の宮根なら1回当たりのギャラは200万円以上に跳ね上がるでしょう」(芸能プロ関係者)
 小倉を超えれば、あとはみのもんただけ。名実ともに日本一の司会者まであと一歩。
 心配は女性スキャンダルだけか
(記事伐採)
見ない日はないくらいですね。
お客さんに喜んで頂ける逸品
今から旬を向かえる
いさき


造り、焼き、煮つけ、天麩羅
なんでも美味しい!
京都の端っこから巧いもん発信してます

http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l1/