ブログ更新しました【土瓶蒸し】

 7月25日(木)

皆さんこんにちは。
今日も暑いですね。 水分補給は忘れずに!
きょうの記事


朝青龍を「あの男」呼ばわりした白鵬のホンネ




【スポーツ】

楽天SocialNewsに投稿!

2013年7月24日 掲載


 




母国での人気の差も不仲の原因



「あの男を超えてよかった。これで文句は言わないだろう。こういう気分で、しばらく威張っていきたい。ワッハッハ」
 横綱白鵬(28)の軽口に、驚いたファンも多いのではないか。
 名古屋場所で26度目の優勝を果たし、大鵬(32回)、千代の富士(31回)に次ぐ歴代単独3位に躍り出た白鵬。これまでは優勝回数25回の朝青龍(32)と並んでいただけに、名実ともに「モンゴル人最強力士」となった。
 とはいえ、いくら記録で上回ったからといって、同郷の先輩を「あの男」呼ばわりは気になるところ。単なる冗談、軽口なのか。ある角界OBは「あれこそ白鵬の本音だよ」とこう話す。
「両者が犬猿の仲になったのは、白鵬が横綱に昇進してから。それまでは白鵬も従順だったけど、横綱として肩を並べたら『あんなヤツに従ってられるか』という態度を表に出し始めた。というのも、モンゴルでは年功序列の意識は薄く、『強い者が偉い』という風潮が強い。朝青龍も過去に旭鷲山相手に同じことをやったけど、やはり面白くない。08年の5月場所では白鵬に勝った後、ダメ押し。すると白鵬が肩をぶつけてきたので、土俵上でにらみ合った。巡業先でも、互いに子分連中を引き連れていたところ、鉢合わせて一触即発になったこともある」
 すでに引退したとはいえ、いまだに朝青龍派がいることも白鵬にとっては面白くない。そのひとりが同じ横綱で朝青龍の子分だった日馬富士というのだから、なおさらだ。
「素行不良の朝青龍が母国モンゴルで自分より人気があるのも、白鵬にとっては面白くない。朝青龍は乱暴だけど、モンゴル人と結婚して(現在は離婚)、モンゴルで仕事をしている。なんだかんだで、モンゴル人の間では愛国者の英雄と扱われている。一方、白鵬は日本人女性と結婚してから、人気が急落。『朝青龍を見習え!』という声すらある。現在は白鵬が朝青龍を目の敵にしている形だね」(前出のOB)
 土俵上の戦いよりも、よほど面白い。



皆さんは朝青龍、白鵬どちらが好きでしたか?
お客さんに喜んで貰える逸品
ハモと松たけの土瓶蒸し


活はも


松たけは国産ではありませんが、いいお出しでてます。
2013年 祇園祭り 
宵山