ブログ更新しました【あまちゃん】

 9月15日(日)

皆さんこんにちは。
今日は一日雨ですね
本日の記事


次回作未定…能年玲奈は朝ドラの“呪縛”を吹き飛ばせるか



【芸能】


2013年9月11日 掲載





 




「あまちゃん」のイメージが強すぎて




 9月28日の最終回まで残すところわずか――。今や国民的ドラマになったNHKの朝ドラ「あまちゃん」。10日、主演の能年玲奈(20)はNHK大阪で次作「ごちそうさん」の杏(27)とのヒロイン交代セレモニーに出席。「おいしい朝を届けてください」とエールを送っていた。
<次回作は「未定」>
 すでにクランクアップしている能年だが、気になる次回作についてはまったく情報が明らかになっていない。
「映画、ドラマ、バラエティー、CMと出演オファーは殺到しているそうですが、今や国民的女優となった能年の次回作だけに、かなり仕事を選んでいる」(芸能プロ関係者)
 能年サイドが慎重になるのも理由がある。芸能評論家の肥留間正明氏はこういう。
「若い時に一つの作品が当たりすぎると、それを生涯越えられない女優は多い。とくに朝ドラはその傾向が強く、『おしん』の小林綾子、『ふたりっ子』の三倉茉奈・佳奈、『ちゅらさん』の国仲涼子しかり。視聴者のイメージが固定化されてしまうので、さらなる飛躍のためには次回作がとても重要になります」
 たしかに、能年にとって「あまちゃん」は、ほぼデビュー作にして出世作。今後、「あまちゃん」を超える作品が生まれなければ生涯の代表作となる可能性も否定できない。30歳になっても「じぇじぇじぇ」ではちょっと心配である。
 ただ、「能年は別格でしょう」と前出の肥留間氏がこう続ける。
「デビュー当初はポスト広末涼子という清純なイメージで売っていましたが、完全に広末を超えましたね。赤ちゃんのように可能性の塊で、まだまだ全貌が見えない。歌から演技まで幅広くできるし、NHKとしては今後も使いたくて仕方がない女優でしょう。『あまちゃん』続編の話もあるでしょうが、私は数年後にはNHK大河に主演も十分にあると考えます」
“朝ドラの呪縛”なんて言葉も能年の笑顔の前ではかすんでしまいそうだ。
はまり役から脱皮できるか?



お客さんに喜んで貰える逸品
紅しゃけ



塩加減も絶妙。
こいつはめっちゃ美味い! 
酒の肴、白ご飯とどうぞ!
京都の端っこから巧いもん発信してます