ブログ更新しました【天才引退】

 9月30日(月)

皆さんこんにちは。
今日で9月も終わり、明日から10月はやいもんですね。
今日の記事


ヤ軍残留か広島復帰か…
前田智引退で深まる黒田の悩み



【野球】

2013年9月28日 掲載

 ネックが1つ消えた。
 27日に広島の前田智徳(42)が今季限りでの引退を表明。イチローが「本当の天才」と言い、落合博満が「野球の教科書があるなら、載せていいのはアイツの打撃フォームだけ」と認めた強打者の決断は、ヤンキースの黒田博樹(38)の今後にも大きな影響を及ぼす。
「かねて『最後は広島に戻って投げたい』と公言している黒田の古巣復帰には2つの障害があった。そのひとつが前田智の存在。唯我独尊を地で行く前田智と、穏やかな性格で和を尊重する黒田は広島時代からウマが合わず、自分勝手でワガママな振る舞いの少なくなかった前田智に、若手の頃にはかなり厳しく当たられたトラウマもある。過去に何度か黒田の広島復帰がウワサされたが、そのたびにチーム内では『前田さんの存在がなぁ』と言われたものです」(地元マスコミ関係者)
 黒田がドジャースからFAになった一昨年のオフ、渡米して黒田と復帰交渉した野村謙二郎監督(47)は、評論家・橋本清氏の日刊ゲンダイ本紙コラムでこう言っていた。
「日本に帰ってくるなら広島で、という気持ちを持ってくれてはいる。責任感というか、日本人的気質の強い男。戻ってきて欲しいけど、そういう人間だからこそ、帰ってきてくれ、とはよう言わんかった。お前の人生、悔いのないように考えて欲しい、と言ったんだ」
 ここでは口にしなかったが、もうひとつの障害はやはりカネ。メジャー関係者が代弁する。
「広島が黒田に用意したのは年俸2億5000万円。結果的に15億円を積んだヤンキースに入りましたが、メジャーでの黒田のケタ違いの評価を耳にして、野村監督は恥ずかしくて黒田本人に条件提示をできなかったと聞きました。ヤンキース2年目の今季、黒田は11勝13敗と黒星が先行しているものの、球団は防御率3.31の安定感を評価していて、来季も先発ローテの中心としてオフには間違いなく再契約のオファーを出す。年俸も今季同様、15億円を下回ることはない。カネのことで言えば、迷う余地はないものの、黒田も年齢的に限界が近づいている。13敗目を喫した24日のレイズ戦後、ジラルディ監督に次回登板を回避する意向を伝えている。肩、ヒジに疲労が蓄積しているのです。本当に広島で現役生活を終えるつもりなら、残された時間はそう多くないですから」
 前田智と同様、黒田もまた決断の時が迫っている。
お客さんに喜んで貰える逸品
水かれいの煮付け


身がほろほろ 美味しい魚です。
京都の端っこから巧いもん発信してます


http://www.teshigotokoubou-ittetsu.com/index.php?data=./data/l1/