【きんき】

 11月10日(日)

皆さんこんにちは。
今日はあいにくの雨です。明日から寒くなるらしいです。
今日の記事


マー君メジャー移籍は水の泡!? “杓子定
規”の選手会と板挟み

2013年11月9日 掲載



“仲間”に足を引っ張られ…
 田中将大(25)のメジャー移籍に、横ヤリを入れている日本プロ野球選手会。大リーグ機構(MLB)、日本野球機構(NPB)、大リーグ選手会の3者は新入札制度(ポスティングシステム)に合意しているのに、日本の選手会だけが「最低でも複数球団と交渉できるシステムにしなければならない」と異を唱えている。
 選手会の松原事務局長は「田中だけでなく、これは日本のプロ野球選手すべてのため」とも言ったが、日刊ゲンダイ本紙が再三書いてきたように、米国側がかつて自分たちが破棄した入札制度を復活させようとしているのはズバリ、田中を獲得するためだ。
 極端に言えば、田中ひとりを米球界入りさせたら、後は用済み。2年どころか、1年で無用の長物と、再び破棄してくるとの情報もある。選手と交渉するためだけに高いカネを払う入札制度は、そもそも米国にとって百害あって一利なし。要するに田中がいるから最大限に譲歩して制度を復活させてもよいというスタンスなのだ。いま以上に譲歩するわけがない。
 仮に選手会が妥協せずに新制度がまとまらなければ、田中の今オフのメジャー移籍は水の泡。最終的には折れるとしても、ゴネて制度成立が遅れれば遅れるほど割を食うのは移籍市場に出るのが遅れる田中本人なのだ。
 田中ひとりのための入札制度である以上、「日本のプロ野球選手すべてのため」なんてのはまったくの無意味。真っ先に考えるべきは田中のことだし、田中のことを考えたら選手会はさっさと新制度に合意すべき。「選手のため」という選手会に、結果として足を引っ張られる田中は泣くに泣けない
本日の逸品
焼魚の代表格
きんきの塩焼き




こりゃ 美味い!