【松茸茶碗蒸し】

 11月12日(火)

皆さんこんにちは。
きょうの朝は冷え込みました。
いきなり冬到来です。
えらい事になってます。
猛烈な台風がフィリピンを直撃、死者が1万人とも言える犠牲者が出る模様。大変なことです・・・・
今日の記事


会見はメディアを制限…板東英二、涙の謝罪は“猿芝居

2013年11月11日 掲載


「カツラは経費」「私には野球の血」




映画「あ・うん」(89年)では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞も…
<雲隠れ10カ月は「カミソリ後藤田」の教え?>
 昨年12月に個人事務所が約7500万円の申告漏れを指摘され、芸能活動を休業していた板東英二(73)が10日、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。「ごめんなさい」と頭を下げたが、脱税発覚から10カ月間にわたりマスコミの目を避け“雲隠れ”。「もっと早く謝罪できたのでは?」という報道陣の問いかけに対して、猿芝居を繰り広げた。
 そもそも、この日の会見は板東サイドが「OK」したメディアにしか案内を出しておらず、会見情報をキャッチしたメディアが大阪まで“押しかけ取材”。メディアを制限するということ自体が反省の色ゼロ。その上、「(脱税の)記事が出たのが昨年の暮れで、悶々としている間に(プロ野球の)キャンプの便りが聞こえるようになりました。野球を小さいときから一生懸命やって職業としてもプロ野球に身を置いて、僕の体の中には野球という精神が今も宿っています。修正申告したという、こんなことで選手の記事の1ページのどこかに私の記事が載るのは、本当に恥ずかしいし許せない。僕に流れている野球の血というものが……」などと珍妙な言い訳に終始。大体、板東の記事が載るとしたらプロ野球面ではなく、芸能面。「野球のせい」で会見できなかったとは笑止千万である。
 さらに、税務署との見解の相違の具体例について尋ねられると、「あの、私、実は植毛をずっとやってまいりました。カツラが経費で落ちると聞いておりましたので、植毛もいいんだろうと勝手に。今回の調査で植毛は美容整形と同じだということを言われて、初めて分かった次第でございます」。これには会場から「7500万円分の植毛か?」と失笑が漏れたのも当然だろう。
「板東劇場」はまだ終わらない。ついには大物政治家まで引き合いに出してこうのたまった。
「後藤田正晴先生(故人)から『沈黙は全ての扉を開く 後藤田正晴』という色紙をいただきまして、先生はこのときのために僕に教えていただいたのかなと思って、それをよりどころに10カ月過ごしてまいりました」
「カミソリ後藤田」も“脱税逃亡”の言い訳に使われるとは、あの世でさぞ憤慨していることだろう。
「みのもんたとは真逆のイメージになりましたね。みのさんは正直すぎて反感を買い、板東さんはわざとらしくて反感を買った。板東さんは10カ月間も雲隠れしていたからそれなりの回答が求められるのに、なるほどと思わせるものがひとつもなかった。そもそも指摘されたのはキャンプに入る1カ月以上前。不可解な要素が多過ぎます。お金に関する不祥事に対して主婦やスポンサーの目は厳しいので、そう簡単にテレビ復帰はできないでしょう」(芸能リポーター・川内天子氏)
本日の逸品
松茸の茶碗蒸し


今日も寒いです。
暖まってください。