【尼崎の事件】

 12月13日(金)

皆さんこんにちは。
またまた尼崎。不可解な事件が起こりました。
今日の記事


尼崎中3監禁 主犯は角田美代子そっくりの「43歳中年女」

2013年12月11日 掲載



“舞台”となった沖野の自宅マンション/(C)日刊ゲンダイ
 12日は、尼崎連続変死事件の首謀者・角田美代子が昨年、留置場で自殺した日。その兵庫県尼崎市で「また」だ。
 中3男子監禁・虐待事件で、強制わいせつなどで10日送検された無職の沖野玉枝容疑者(43)も、角田美代子と同じように、共犯の少年少女6人(14~18歳)らと奇妙な集団生活を送っていた。
「玉枝の自宅マンションには、今年2月ごろから十数人が出入りしていました。長女(14=児童相談所に通告)が無料メールアプリLINEで知り合った家出や不登校の少年少女ばかりで、行き場のない子どもたちのたまり場になっていた。連日のように寝泊まりし、玉枝のことを<ママさん>なんて呼んでいた。玉枝らから3時間にわたって性的虐待を受けた中3男子もそのひとりでした」(捜査事情通)
 玉枝のマンションは3DK、52平方メートルだ。2段ベッドやソファで雑魚寝する「タコ部屋のような暮らしだった」(知人)という。
「玉枝は<行くとこないんやったら泊まってき>と優しく声をかけたり、入り浸りの子どもたちの食事の世話をするなど面倒見のいいところもありましたが、キレると金属バットでボコボコにしていた。見境がなくなるようで、中3男子が<彼氏と別れて付き合ってくれや>と長女に迫ったことに腹を立てて監禁、包丁をかざしながら<裸になれ>と命じて辱めた。そのうえ<おまえ、住み込みで奴隷になるか>などと脅した。共犯の少年のひとりは<(玉枝が)怖くて逆らえへんかった>と供述しています」(県警関係者)
 アメとムチで精神的に支配する。それも美代子にそっくりだ。
「深夜2時とか3時に大騒ぎしたり、子どもらのでっかい泣き声とか叫び声が響いたり、近所迷惑もええとこやで。警察も何回も来とったな。玉枝はおっぱいの谷間が見える服を着たり、髪を赤く染めたりして、近所でも目立っとった。そういや髪がピンクのちっちゃい子も見かけたな」(近所の住民)
やりたい放題だったのも美代子に似ているが、そもそも、そんな大勢の子どもたちの面倒を見るカネは、一体どこにあったのか。
「玉枝は中学生の長女のほかに、小学生2人と幼児の計4人を抱えるシングルマザーで、住宅や教育扶助などを含めて月に36万から37万円の生活保護費を“不正受給”していたようです。さらに自宅近所でカラオケスナックを経営し、“居候”の少年少女をタダ働きさせていた。まあ、1時間2000円の安スナックで、大した稼ぎもなかったでしょうが、マンションの家賃は月7万円。生活に困ることはなかったはずです」(前出の捜査事情通)
 美代子事件のように、さらなる“闇”が出てくるのか。
 
本日の逸品
おでん


寒い日はこれですね。