【七草がゆ】

 1月7日(火)

皆さんこんにちは。
今日は「七草がゆ」を食べる日です。今年一年無病息災でありたいものです。
うちでも少しお出しします。


大河「軍師官兵衛」不調 岡田准一に立ちはだかるジンクス

楽天SocialNewsに投稿!
2014年1月7日 掲載




“西高東低”が不安視
苦戦発進」なんて報じられている。
 5日から始まったNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。初回平均視聴率が18.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、この10年では12年「平清盛」(17.3%)に次ぐ低い数字だった。
「昨年の『八重の桜』が21.4%。それを考えたら、映画『永遠の0』も絶好調の岡田准一主演でこの数字は、確かに物足りないですね」(NHK関係者)
 もっとも、ドラマの主要舞台である関西地区では23.0%を記録。初回は“西高東低”となったが、「それがむしろ怖いんです」と前出のNHK関係者がこう続ける。
「この10年で、初回が西高東低だった大河はパッとしない結果に終わっています。『平清盛』がまさにそうで、最終回までの期間平均(関東地区)は12.0%と惨敗。三谷幸喜オリジナル脚本で話題になった『新選組!』(04年)も西高東低で、初回が26.3%だったのに期間平均が17.4%と“不発”でした
逆に、この10年で期間平均が20%を超えた06年「功名が辻」、08年「篤姫」、09年「天地人」はいずれも初回が“西低東高”だった。
「関西は“商人の街”ですから、話題にはすぐに飛びつきますが、つまらないとなったら見切るのも早い。初回の視聴率はアテになりません。『軍師官兵衛』もこの先2、3カ月の内容次第でしょうが、加えてジャニーズのタレントが主演の大河はパッとしないというジンクスもあります。東山紀之主演の『琉球の風』(93年)しかり、香取慎吾主演の『新選組!』しかりです」(在阪テレビ局関係者)
今をときめく岡田は、ジンクスを破れるか。
本日の逸品

長寿の縁起もんと言うことで

生きてる車えび


刺し身、焼き、天麩羅なんでも
今日は全国高校ラグビー大会の決勝戦です。
東海大仰星(大阪第一地区)VS 桐蔭学園(神奈川)