【脱法ドラッグ事件】

 6月27日(金)

皆さんこんにちは。

どんより蒸し暑いお天気です。

今日の記事 

またか?徹底的に取り締まべき。

池袋・暴走車死傷 前科持ち「37歳脱法ドラッグ男」の過去

 東京・池袋駅前の歩道に車で突っ込み、8人が死傷した事件で、24日に現行犯逮捕された飲食店経営、名倉佳司容疑者(37=埼玉県吉川市)は、前科持ちで地元でも有名な“ワル”だったという。

 警視庁によると、事故に巻き込まれたのは20~30代の男女計8人で、女性1人が死亡し、7人が重軽傷。名倉容疑者は「車内に脱法ハーブがある」と話し、「池袋で買い、運転前に吸った」「運転している途中から記憶がない」とも言っている。薬物が原因なのは間違いないようで、警察官が駆けつけると意識がもうろうとしていたという。

■ヤミ金で逮捕歴

 実は名倉容疑者の“暴走”は今に始まったことじゃない。
「名倉容疑者は03年にもヤミ金融業を営んだとして、仲間3人とともに貸金業法違反と出資法違反容疑で逮捕されています。さいたま市大宮区のビルに『グローブネット』という名前で経営していて、法定金利の約19倍で利息を受け取り、延べ270人から約6700万円を振り込ませていたそうです」(捜査事情通)

名倉容疑者の“悪名”は地元でも評判だった。近隣住民に名倉容疑者について聞いても、「知らない」ばかりで誰も話したがらない。ようやくある男性が渋々こう話してくれた。

「名倉さんの家は古くからある農家で、土地持ちだった。昔は付き合いもありましたが、佳司君が大きくなる頃にはほとんどなくなりました。佳司君とお兄さんはこのあたりでも有名なヤンチャ坊主。高校生の頃から暴走族と付き合うようになり、お父さんも<あいつは相当なワル>と嘆いていた。みんな怖くて、あまり関わりたくないんです」

 暴走族からヤミ金、脱法ドラッグで事故…絵に描いたようなアウトロー人生だ。

いわゆるボンボンの甘ったれが興した事件。
親の教育なんだろう・・・

この手の事件多いです。
街中をむやみに歩くのが怖い世の中になりました。
お亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げます。

本日の逸品


黒毛和牛の自家製味噌漬け 

お肉がまろやかになり深い味になります。