【437日ぶりの登板】

 

8月10日

皆さんこんにちは。

昨夜よりも今日のほうが大雨です。

しかしノロノロ台風です。

お気を付けくさだい。

今日の記事

復活か!

カブス藤川437日ぶり登板 残る課題は「フォークの完成度」

< div class="left-item sns_btn pad_8" style="margin: 0px; padding: 5px; border: 0px; outline: 0px; font-size: 13px; vertical-align: baseline; font-family: メイリオ, 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Meiryo, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'MS PGothic', 'MS UI Gothic', Helvetica, Arial, sans-serif; line-height: 20px; background: none 0px 0px repeat scroll rgb(255, 255, 255);">

 昨季は一時的に守護神を務めたベテランリリーバーが、復調をアピールした。

 右肘手術から復帰したカブス・藤川球児(34)が6日(日本時間7日)のロッキーズ戦で昨年5月26日のレッズ戦以来、437日ぶりに登板。4点をリードされた六回無死一、二塁でマウンドに上がり、先頭打者は死球だったものの、後続を打ち取って1回を無安打無失点で切り抜けた。

「いつもここを想像しながらやってきた。今後もずっと最少失点を続けていきたい」とは試合後の本人だ。

 直球の最速は92マイル(約148キロ)を記録。昨季、故障する前の94マイル(約151キロ)まで戻りつつある。球威は回復してきたとはいえ、藤川と同様に肘の手術から復帰した同僚の和田が「こんなもんじゃないと本人は思っているだろうし、自分も感じた」と印象を口にした通り、完全復活はまだ道半ばだ。

武器であるフォークの完成度がイマイチだからだ。藤川はメジャー移籍後、フォークを封印。12試合に登板した昨季は1球も投げなかった。日本よりも大きく、滑りやすいメジャー公認球では制球が定まらず、実戦で使えるレベルではなかったためだ。今季はリハビリ中に感覚を掴んだのだろう。7月のマイナーの調整登板で解禁したばかり。しかし、本人も納得できるものではないようで、「フォークがしっかりと使えるようになるまでは復活とはいえない」と親しい関係者に話しているそうだ。

今季は残り50試合を切った。藤川に残された時間は少ない。

今日の逸品   

毛ガニのグラタン

活の毛ガニを茹で 自家製ホワイトソースで仕上げます。 ご笑味ください。