【ようやく決着】

 

8月31日(日)

皆さんこんにちは。今日で8月も終わり、明日から新学期です。年々早く時間の経過が早く感じます。

今日の記事 

両校お疲れ様でした。

延長50回ついに決着!中京3点奪い勝利

2014年8月31日

延長50回を投げ抜き、ナインと喜び合う中京・松井(中央)=明石トーカロ球場(撮影・石湯恒介)

延長50回を投げ抜き、ナインと喜び合う中京・松井(中央)=明石トーカロ球場(撮影・石湯恒介)

拡大写真はこちら

健闘をたたえ合う両校=明石トーカロ球場(撮影・石湯恒介) 千羽鶴を受け取る中京・後藤(右)=明石トーカロ球場(撮影・石湯恒介)

 四十七回の中京は先頭打者が三ゴロに倒れるが続く斉木が四球、犠打の2死二塁の好機をつくるが次打者は三ゴロに倒れ得点はならなかった。

 その裏、崇徳は3番石岡が二直の1死から沖西は四球を選び、次打者の二ゴロで二進、島川は敬遠気味の四球の2死一、二塁から岡本は一ゴロに倒れた。

 四十八回の中京の攻撃は左飛、三ゴロの後、投前の内野安打で出塁、4番の柴山。その5球目に二盗を決め中京はこの試合初めての盗塁を決めるが柴山は二飛に倒れ得点はならなかった。

 その裏、崇徳は二ゴロ、右飛の後、1番・後藤が右前打で出るが二盗失敗。

 四十九回の中京に攻撃は二ゴロ、二ゴロ、遊ゴロの三者凡退。

 その裏、崇徳は補邪飛、三ゴロ、遊ゴロでこちらも三者凡退。

 五十回の中京は先頭の8番西山が二塁内野安打、続く犠打を石岡が二塁へ悪送球の無死一、二塁から1番・中上の初球に石岡が暴投で二、三塁とし、敬遠気味の四球で無死満塁から2番・後藤が右線二塁打でついに2点が入った。さらに二、三塁から投ゴロの間に1点を追加した。

 その裏、崇徳は5番・長尾が見逃し三振、6番め島川は空振り三振で松井の奪三振は34個を数えた。続く7番・岡本は左前打、8番・高瀬は空振り三振。松井は700球を超える熱投の末、勝利を勝ち取った。

 同大会は日程の消化を優先し、準決勝までは延長十五回で引き分け再試合ではなく、サスペンデッドゲームを採用する。両校は28日に延長十五回で0‐0と譲らず、延長十六回から再開された29日も互いに得点できず、30日も延長三十一回から戦ったがまたしても両軍無得点だった。

 これまでの大会最長は1981年、83年の延長二十五回。

 日本記録は1983年9月20日、全日本軟式大会決勝を戦ったライト工業‐田中病院の延長四十五回だった。

今日の逸品 

自家製あゆの燻製  

天日に干す

蒸留酒にぴったりです。ご笑味ください。