【君に恋した夏があったね♪】

 

10月4日(土)

皆さんこんにちは。

今日は違う角度から。

だれもが知る

松任谷由実(ユーミン)

(1954年1月19日生まれ)の曲について

    ご存じの方も多いと思いますが


    「Hello,my friend]です。

    この曲は彼女が五万とあるの作品の中で小生が一二を争うほど大好きな歌でとても切なく哀愁のある曲。夏の終わりに聴きたくなりますが・・

    この曲はユーミンが本当に大切な友人を失った曲でした。 

    「Hello, my friend」です音符

    Hello, my friend

    君に恋した夏があったね

    みじかくて気まぐれな夏だった

    淋しくて淋しくて

    君のこと想うよ

    離れても胸の奥の

    友達でいさせて

    僕が生き急ぐときには

    そっとたしなめておくれよ

    悲しくて悲しくて

    君の名を呼んでも

    めぐり来ぬあの夏の日

    君を失くしてから

    悲しくて悲しくて

    君のこと想うよ

    もう二度と会えなくても

    友達と呼ばせて

         この曲の【君】とは 

    今でも史上最高のF1ドライバーと言われる 

            

    故アイルトン・セナのことです。

            アイルトン・セナと 

    ユーミンは1991年のモナコGPのマルボロ主催のパーティー出会であいます。 


    なんとモナコGPのピットリポートもしてました。

    セナはF1で生涯3度のワールドチャンピオンを獲得してました。この年はモナコで開幕4連勝を飾るなど絶好調!  

    当時はN・マンセル、A・プロスト、J・アレジ、中島、亜久里等そうそうたるドライバーが凌ぎを削った時代でした。

    ユーミンのこの年に日本のアルバムセールスで頂点に立ち  お互いがそのキャリアで最高の年でした。

    その後、雑誌(MORE)で対談したりユーミとセナは友人になりましたが3年後の1994年5月1日にセナはレース中に1位を走ったままこの世去りました。 この歌はセナをという友達を突然失くした深い悲しみを歌っています。 

    歌詞の中でユーミンが「僕」と言うフレーズがありますが、男女関係なく友情の中に尊敬があり「慈愛」がある曲だと思うです。  


    1994年7月27日リリースフジテレビ系「君といた夏」の主題歌。

    前作の「真夏の夜の夢」に続きオリコン1位・ミリオンセラーを記録しました。

    僕が生き急ぐ時 には、そっとたしなめておくれよ

    小生のこれまでの人生の中に「たしなめてくれる」人がいて本当に感謝してます。


    ちなみにDoCoMoのランキング 


    1位 翳りゆく部屋  (1976年)

    2位 卒業写真

    3位 Hello,my friend 

    4位 真夏の夜の夢

    5位 やさしさに包まれたなら

    6位 春よ、来い

    7位 DESTINY 

    8位 中央フリーウェイ

    9位 あの日に帰りたい

    10位 埠頭を渡る風 


    (番外:個人的に「砂の惑星」が好きです。)