【ドラフトNO1投手】

 

10月24日(金)

皆さんこんにちは。

昨日はドラフト会議がありました。

今日の記事

有原獲得の日ハム 栗山監督が夢見る2年後の「3本柱」構想

「もし、有原を取れたら大谷、有原、田中の3本柱でしばらく安泰なんだけど……」

 今季のシーズン中のこと、日本ハムの栗山監督は親しい球界関係者にこう話していたという。その有原航平(早大=22)を見事獲得した日ハム。阪神、広島、DeNAの4球団の競合の末に当たりクジを引き当てた。

 これで大谷、有原は揃ったものの、栗山監督の言う「田中」なんて投手は日ハムにはいない。それもそのはず、現在創価大2年生の田中正義のことだからだ。

 有原はMAX156キロの大学ナンバーワン投手といわれているが、同じ右腕でも田中はそれ以上の逸材ともっぱら。スカウトの間でも、「有原と比べても、ものが違う。今すぐプロ入りしてほしいくらい」と評価が高い。

 それにしても、田中がドラフトにかかるのは2年後。田中が評判通りの実力なら有原以上に指名が集中するだろう。まるで田中獲得が確定しているような栗山監督の言い方は気になるところだ。ある球界関係者が言う。

「聞いたところによると、日ハムはかなり田中サイドに食い込んでいるらしいからね。あながち、栗山監督の言葉も単なる皮算用とは思えない」

 3本柱の夢の第一歩がかなった栗山監督は大ハシャギ。「根拠はないけどね。縁は感じていた。(有原の)高校時代から見ているし、(評論家時代は)取材もしてきた。当時からドラ1だと(甲子園の)ネット裏から見ていたからね。一緒にやりたかった投手だよ。すでにローテに入る力はある。どこが良いか? すべてにおいて一軍レベル! 伸びしろもまだまだある投手だね」と、口も滑らかだった。懸念となる右ひじ故障も、「大したことはないだろうと聞いている」(山田GM)という。

 2年後のドラフトで田中を獲得できればすべてのピースが揃う。もっとも、その時まで栗山監督が指揮を執っている保証はないが……。


本日の逸品  

活メ目板がれい

薄造りでどうぞ!
以外に自分で気がつかないですね。