【準決勝進出】

 

11月14日(金)

皆さんこんにちは。

今日も寒い一日です。

錦織君がまた勝ちました。

準決勝進出です!

今日の記事

補強はほぼ全滅…阪神はなぜ選手に敬遠されてばかりなのか

「人気がないなぁ」

 OBも苦笑いする。阪神の編成、補強作戦が大失敗に終わる可能性が高まっているからだ。

 チームでは生え抜きのキャプテン鳥谷が海外FA権を行使してメジャー挑戦。阪神ひと筋11年の看板選手は、残留すれば4年20億円超の大型契約に加えて、監督手形も手に入れるともっぱら。なのにFA権を行使した。広島からFAで獲得した新井貴も自ら自由契約を申し出て退団。古巣広島への復帰が決まった。

 自軍の選手に逃げられるだけじゃない。

 11日に国内FA権を行使したオリックスの金子千尋(31)を補強の目玉としていたが、「実際は早々と争奪戦から撤退していた。表向きは、金子はメジャー志向という情報をキャッチしたからとされているが、その前から国内では巨人がリードし、それをソフトバンクが巻き返すという展開だった。阪神は歯牙にもかけられず、手を引かざるを得なかった」(球界関係者)

FA宣言した金子が「すべての可能性を考える」と話したことで再調査に乗り出すというが、負け戦になる可能性が大なのだ。


 FAではさらに、中日の山井大介(36)、日本ハムの宮西尚生(29)の獲得を狙ったものの、ともに残留。大阪と兵庫出身の2人に袖にされた。方向転換したロッテの成瀬善久(29)は、ヤクルト入りが時間の問題。前アスレチックスの中島裕之(32)、日本ハムからFAの大引啓次(30)にも触手を伸ばしているのだが、こちらも苦戦必至といわれる状況だ。

■タフな選手でなければやっていけない

 昨年もFAで中田、鶴岡をソフトバンクに奪われ、先発ローテの久保にはDeNAに出て行かれた。

 阪神は巨人に匹敵する老舗の名門球団。久保は阪神について以前、「施設はいい、給料はいい、人気はある。環境面では文句のつけようがない」と言っていた。相次いで選手がソッポを向くのは何が原因なのか「阪神というチームは大活躍すれば凄くいい環境だと思う。でも、他球団から移籍した選手の姿を見ると、自分は避けたいチームですね」


 と、在京球団の主力選手がこう言った。

「例えば城島さん(12年限りで引退)。4年契約で阪神入りしながら、1年目にムリをして全試合出場。右肘、左膝に負担がかかり、3年で引退に追い込まれた。高い給料をもらって活躍できなければ、熱狂的なファン、マスコミも黙っちゃいない。株主総会で株主から『不良債権』といわれてしまう。新井さんだって、ずっとヤジられてましたもんね。金本さんのように相当タフな人間じゃないと阪神ではやっていけないと思う。しかも、移籍選手の晩年にいいイメージがない。最近では金本さん、矢野さん、下柳さん、新井さんと大減俸を食らって引退、退団した。ダメになったら他球団から大物を引き抜くから、最後はポイ捨てされかねない。12球団でもそういう印象を抱いている選手は多いと思いますよ」■ソフトバンクとの決定的な違いは?


 編成の交渉下手にも原因がありそうだ。さるパ球団のフロントが言う。

「金子、山井、宮西がダメで次は成瀬、藤川でしょ? 正直言ってダレでもいいんじゃないかと思っちゃう。誰かれ構わず声をかけようとしているように見える。あなたが本命です、絶対に来てほしいという熱意が感じられない。選手からしたら、『自分は2番手ですか? 3番手ですか?』って思う。今回は渋チンで有名なヤクルトに、成瀬も大引も持っていかれそうだもんね。資金力が豊富なのに、だから他球団に負けるんだよ」

 一方で近年、補強で成功を収めている今季日本一チームのソフトバンクでは、FA選手の内川、細川らが活躍。DeNAからトレードで獲得した吉村も不振から息を吹き返しつつある。メジャー帰りでは岡島、五十嵐が活躍したし、前メッツの松坂の獲得も決定的になっている。「王会長というカリスマがいて、資金力がある。柳田、今宮ら若手の台頭もあって、編成上のバランスがいいから、FA移籍してきても精神的に大きな負担にはならない。契約も融通が利く。岡島は今オフ、戦力外になったが、12年にレッドソックスから移籍してきた時は将来的なメジャー復帰を視野に入れた契約にしてもらった。1年間プレーして、翌13年は再びメジャー挑戦。そして今季は再び出戻った。五十嵐も松坂も、チャンスがあれば将来的にメジャー復帰できるように球団もサポートするはず。阪神みたいにダメでも周囲から袋叩きに遭うこともない」(地元マスコミ関係者)

選手の阪神離れがさらに加速しそうだ。


本日の逸品  

ぐじの塩焼き(あまだい)

酒をかけながら焼きます。
ご笑味ください。