【柔道家逝く】

 

1月22日(木)

皆さんこんにちは。

朝から雨。

今日の記事

早すぎる死です。

不祥事の後始末に奔走…斉藤仁氏は全柔連の“汚れ役”だった

 日本のお家芸の黄金期を支えた柔道家がこの世を去った。

 20日、男子95キロ超級ロサンゼルス、ソウル五輪金メダリストの斉藤仁氏が肝内胆管がんで息を引き取った。54歳だった。

 現役時代はロス五輪無差別級金メダリストの山下泰裕(現全日本柔道連盟副会長)のライバルとして知られ、引退後は母校の国士舘大柔道部の監督を務めた。04年アテネ、08年北京五輪の代表監督を務め、男子100キロ超級の鈴木桂治、石井慧ら金メダリストを育てた。

 12年10月に全柔連強化委員長に就任し、弱体化した重量級の立て直しに着手したものの、再建は図れなかった。強化委員長の肩書でありながら、斉藤氏が奔走したのは13年に発覚した柔道界の一連の不祥事の後始末だった。

■不正受給の助成金をほぼ全額回収女子代表監督によるパワハラ指導が問題になった際には各方面に事情説明や謝罪に出向き、世間からの批判の矢面に立った。全柔連理事による日本スポーツ振興センター(JSC)からの助成金不正受給問題では先頭に立って事後処理にあたった。JSCから助成金の返還を求められた際、不正に受給した理事からの回収係を務めたのが斉藤氏だった。


 強化委員長として現場に足を運ぶかたわら、時間が空いた時には、斉藤氏が問題の理事たちに電話して助成金の返還を督促。応じない場合には、自ら出向いて説得したという。

 柔道界は現役時代の実績がものをいう世界。現役時代に五輪や世界選手権で結果を残した選手が引退後、要職に就くケースが多いのはそのためだ。年配の理事であっても金メダリストである斉藤氏の要請には逆らえない。斉藤氏が汗を流したこともあり、不正に受給した助成金をほぼ全額回収できたそうだ。未回収に終われば、不足分は理事会のメンバーが負担しなければならなかったため、JSCへの返還は斉藤氏の功績として評価されているという。

 全柔連の上村春樹前会長(現講道館館長)は「来年のリオ、20年の東京に向けて前面に立ってやってもらいたかった。大変な痛手だ」と惜しんだ。斉藤氏に足を向けて寝られない。


今日の逸品  


天然ひらめ

上品で美味です。