【R1優勝】

 

2月13日(金)

皆さんこんにちは。

寒い13日の金曜日です。

最近の子にはわからないでしょうか?

今日の記事

おもろかった。


本田モノマネでR-1優勝 じゅんいちダビッドソン「苦節17年」

「持ってたんでしょうね」

 優勝後のインタビューでもなりきっていたのは、じゅんいちダビッドソン(40)。昨年は決勝で負けた雪辱を果たし、10日開催の「R―1ぐらんぷり2015」で王者に輝いた。

 サッカー日本代表でACミランの本田圭佑(28)のものまねが十八番で、決勝ではスーパーの店員としてクレーム処理を受ける本田のコントを披露。トロフィーを手に、「ここが到達点や、というふうには思っていない。ロシアに向けていい準備ができたと思います。これをきっかけにどんどんバラエティーに進出して、芸能界の空いているスペースに走り込んでいきたい」と、ものまねを交えながら意気込みを語っていた。

「誰に優勝を伝えたいか」との質問には「イタリアにいる本物の方に『おかげさまで優勝できた』と言いたい」。「優勝賞金でミラノに行って本人に謝りたい。(副賞の)冠番組もついて来てほしい」と“完全非公認”について謝罪に行くための密着番組を希望した。

ここまでの道のりは長かった。芸歴17年という遅咲き。98年にお笑いコンビ「ミスマッチグルメ」でデビューし、ボケとネタ作りを担当していたが、11年に解散してピン芸人に。約1年半前から本田のものまねを開始。きっかけは、アルバイト先の夜勤コールセンターで一緒にバイトしている芸人仲間の「風藤松原」風藤康二から「本田に似ていると思うから、ネタやったら」と言われたことだった。

 昨年12月28日に30代の派遣OLと入籍したばかりの新婚ホヤホヤ。長年同棲していたそうで、糟糠の妻は、今大会も観覧席で決勝の行方を見届けていた。親交のある女優・秋野暢子(58)から「ちゃんとプロポーズしなきゃダメ!」と言われて結婚を申し込んだというが、今回も優勝できなかったらかなり気まずいニューライフの始まりだったに違いない。

 優勝賞金の使い道は「ミラノ9(割)、結婚式1(割)で。ミラノに奥さんを連れていくことで新婚旅行もできるので、一石二鳥だと思っています」と答えたじゅんいち。唯一の心配は、本田の代表落ちと引退か。


今日の逸品  

あん肝ポン酢