「新メニュー」

 

2月22日(日)

皆さんこんにちは。

雨が降りそうで降らない。

今日の記事

この手の番組

もうえーちゅうに

離婚タレントがテレビでひと儲け

恥をカネにする「ゲス」が蔓延


芸能人に「恥」という言葉がないらしい。離婚が悪いとは言わないが離婚を絡めて一儲けしようという、怪しからん芸能人があまりにも多すぎる。13日の「バイキング」でのこと。離婚調停の真っ最中の三船美佳が「ワケあって新居探してるんですう」と新居探し企画に参戦していた。いくらなんでも早すぎやしないか?よく知らないが、夫の高橋ジョージによれば、三船とその母とジョージの3人で昨年新居を立てたはず。ローンをとともにその家を押し付け、自分はまた新しい家を造るのか。モデルハウスを見ながらはしゃぐ三船(しらこい笑顔)見ていると棄てられた夫がほとほと哀れに思える。その夫も「ダウンタウンDX」で「一人で寝るのは寒い」などと語り同情を買っていた。
シブガキ隊のフックンも「私の何がイケないの?」で妻が16年間使っていたキッチンをリフォームする様子を番組で見せていた。身長の低い妻が使っていたシンクを自分仕様に10センチ高くするとともに、妻の思い出ともにさようなら、とかなんとか。
さらに、「PON!」では、矢口真里と離婚した中村昌也が恋愛運を上げるため風水のDR.コパと物件探しをしていた。
ほかにも、「ナイナイアンサー」で新山千春や有賀さつき、田中律子ら離婚タレントが【仮面夫婦だったとか」「刑務所に入るつもりで結婚した」とか別れた夫や結婚生活について暴露合戦。
いまさら相手を悪く言ってなんの得になるというのか。そんな話をこどもが聞いたらどんな思いをするかと考えない、身勝手な言動に怒りがこみ上げる。

棄てた女も棄てられた男もどっちもどっち。
転んでもタダで起きないぞとばかりに、番組を利用し、なんでもかんでもカネに換えようとするこの風潮に、ただただ唖然とするばかり。テレビが毎日こんな物ばかり見せるから一般人もこんなそういうものか、と思い、真似をする。その結果、日本中にゲスが蔓延するなんて、考えただけでも恐ろしい。
(文=桧山珠美)一部引用

今日の逸品  

鹿児島・三味豚(さんみ)

ミルフィーユカツレツ

~自家製トマトソース~  





薄く叩いているで食べやすいです。

定番メニューしようかな。脳天直撃です。