【エリー卒業】

 

3月28日(土)

皆さんこんにちは。

桜も開花し春爛漫 プロ野球も開幕しました。

しかし、明日はお天気が崩れそうな予報です。

今日の記事

日本語も出来ずに苦労してよう頑張った!

日本での彼女のファンも増えてます。


日本で活動のシャーロットに心配の声「好きなうちに帰って」

 27日のNHK情報番組「あさイチ」に出演し、有働由美子アナ(46)や通訳とともに号泣した「マッサン」エリー役のシャーロット・ケイト・フォックス(29)。歌手デビューが明らかになり、CM出演まで果たすなど引っ張りだこで、本人は日本で女優業を継続することを宣言、「日本に骨を埋める」とも報じられた。

 報道陣から外国人女優の日本での成功例が少ないことを指摘されると、「じゃあ(私が)変える!」と自信を見せていたシャーロットだが、実際、外国人女優は作品ありきの“外国人枠”として起用されることはあっても、日本のドラマ・映画業界に定着したケースは少ない。

 台湾出身のジュディ・オング(65)ら日本で成功したアジア圏の女優はいるが、欧米出身の女優は1979年に放送されたドラマ「熱中時代・刑事編」(日本テレビ系)に出演したミッキー・マッケンジー(水谷豊の前妻)を思い出す程度。女優だけではない。2006年に米国から来日し、“グラビア界の黒船”といわれたリア・ディゾン(28)や、11年に英国に帰国して事実上の引退となったベッキー・クルーエル(19)、米国出身のネットアイドル・マギボン(28)など、うまく芽が出ないケースがほとんどだ。当初はファッションモデルとして来日したカイヤ(52)のように、いまや“イロモノ扱い”という例もある。


 ネット上では、<まだ日本語おぼつかないし使いどころが難しそう><シャーロットのために書いたドラマじゃないと厳しいだろう><日本が好きなうちに帰ってアメリカで成功してほしい>と心配するファンや、米国に夫を残して日本に“単身赴任中”のシャーロットについて、<旦那はどうするんだ? 呼ぶのか>といった疑問の声が上がっている。

「マッサン」は3月28日が最終回。「エリー」を卒業するシャーロットが今後、日本でどこまで活躍できるか注目だ。 


今日の逸品  

天然真鯛(桜だい)

鯛の子 煮ても美味しいです。ご笑味ください。