【マスターズ5位】

4月13日(月)

皆さんこんにちは。

一日雨模様。

今日の記事

凄い!

松山は5位でも後悔、「勝てる」マスターズだった。

GDO 4月13日(月)8時54分配信

ボールを見送る強い視線は、確信に満ちていた――。ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開催された今季のメジャー初戦「マスターズ」最終日。5アンダーの10位タイから出た松山英樹は1イーグル、4バーディ、ロリー・マキロイと並ぶこの日のベストスコア「66」をマークし、通算11アンダーの5位でフィニッシュした。

4度目の出場で、12位タイまでに付与される来年の大会の出場権を獲得。2013年「全英オープン」の6位を上回る5位は自身のメジャー最高順位となり、日本人史上初のメジャー制覇の夢に現実味を覚えさせた。

苦しんだ初日からの3日間。単独首位を走ったジョーダン・スピースとの差は前日までに11ストロークと開いていたが、松山は最後に貫録のプレーを見せた。今後は2週間のオフを取り、4月29日(水)開幕の「WGC キャデラックマッチプレー」(カリフォルニア州TPCハーディングパーク)で復帰する見通し。

「悔しさは今までより少ないが、まだまだできたという感覚もある。1年後、ここに戻ってくるが、その時に今年以上のものを出せるように、しっかり作っていきたいと思います」。4度目の出場で、キャリア最高の5位。輝かしい成績にも、ただただ、グリーンジャケットへの思いが強くなるだけだった。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

今日の逸品 

フルーツトマトのサラダ
あまーい!