【キンキン逝く】

 

4月19日(日)

皆さんこんにちは。

まだ雨が降るようです。

鬱陶しいお天気が続きます。

今日の記事

愛川欽也さん「巨額遺産」の行方…自宅は土地だけで約7億円

 15日に肺がんで死去した愛川欽也さん(80=本名・井川敏明)。世界最高齢の司会者としてギネス認定された「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)の初回放送日もくしくも4月15日だったという。

「プライベートでは酒もほとんどやらず、たばこも吸わないので、肺がんと聞いて驚きました。鶏肉を食べないとか、寿司屋でも赤身しか頼まないとか、偏食家ではありましたが……」(知人)

 2000年に後輩俳優たちと「劇団キンキン塾」を結成、09年には私財を投じて東京・目黒区に小劇場「キンケロ・シアター」を建設し、10年からは年1本ペースで映画を自主製作していた。

 その一方で12年に自らウェブ放送局を開設。反戦、反原発を訴え続けてきた硬骨漢だった。

「真偽のほどは定かではありませんが、愛川さんは07年に劇団の看板女優(当時28歳)との不倫を報じられ、それを境に仕事が減った。とはいえ先月放送分まで司会を務めたアド街のレギュラーなどで、晩年も年収は少なくとも1億円近くあったはず。もともと高級クラブを飲み歩いて散財するようなタイプでもありません。だから、本業にお金をつぎ込めたのでしょう」(芸能ライター)

飲食店経営に3回も失敗したなんてエピソードも残っている。が、アド街以外に「なるほど!ザ・ワールド」など数々の長寿番組をこなしてきた“大物司会者”にとっては、痛くもかゆくもないだろう。

「渋谷区南平台町にある愛川さんの自宅は、土地(522平方メートル)だけで実勢価格約7億円。目黒区青葉台のキンケロ・シアターも土地(595平方メートル)だけで約8億7500万円です。いずれも持ち分の半分は奥さんのうつみ宮土理さん名義。愛川さんが劇団や映画製作に突っ込んだ分を差っ引いて、少なく見積もっても遺産は総額10億円は下らないと思います」(前出の芸能ライター)

 愛川さんには78年に離婚した前妻との間に2人の子どもがいる。仮に遺産が10億円とすれば、うつみさんが5億円、2人の子どもがそれぞれ2億5000万円ずつ相続することになる。

「うつみさんの相続税は2億円近くになる計算です」(税理士)

 変に揉めなければいいのだが……。


今日の逸品  

黒毛和牛の炙り  

レアです。ポン酢か塩でどうぞ!