【生うに】

 

4月27日(月)

皆さんこんにちは。

山に山菜を採りに行って普段使わない筋肉を使ったので足首、ふくらはぎが筋肉痛です。

平坦な所で生活してるとダメですね。

山の斜面を歩くと疲れ方が違います。

今日の記事

AV業界喝采 「FC2」捜査のメスで無料アダルト動画崩壊か

「無料アダルト動画が見られなくなるんじゃないか」――ネット住民は悲鳴を上げている。

 動画サイト「FC2」の運営会社「ホームページシステム」社長の足立真(39)と、相談役の高橋人文(38)の両容疑者が23日、京都府警などの合同捜査本部に公然わいせつで捕まった。ちなみに高橋人文容疑者はFC2の創業者、高橋理洋氏の実弟だ。

「昨年6月に『帽子君』と名乗るFC2ユーザーが女性とわいせつな行為をしているところを生中継し、現行犯逮捕された。それをきっかけに、9月にホーム社をガサ入れした。FC2の本社は米国にありますが、ユーザーの9割以上が日本人。明らかに米国は隠れみので、“無法地帯”と化していた無料アダルト動画サイトにメスを入れるべく、逮捕に踏み切ったわけです」(捜査事情通)

 FC2は1999年設立、会員は2000万人以上と国内最大級の動画サイトだ。何度か“お世話”になった読者も多いだろうが、実態はよく知られていない。

「今でもFC2の経営は理洋氏と人文の兄弟が中心といわれていて、理洋氏は米ロサンゼルスに豪邸を建て、人文は大阪の高級マンションで暮らしているそうです」(マスコミ関係者)

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「FC2は昨年の家宅捜索以来、割と従順に違法だったり過激なアダルト動画を削除してきた。FC2そのものはなくならないでしょうが、ただ今回の一件で、他の動画サイトもリスクを避けるため、自粛する方向に向かうと思います。アダルト動画見放題時代の終わりの始まりかもしれません」

 夜な夜な閲覧していたネットユーザーが悲鳴を上げるわけだが、2人の逮捕に喝采を送っているのがAV業界だ。

「FC2には新作AVもすぐにアップされ、AV業界はそのあおりを食ってきました。以前は1万本を超えるヒット作もありましたが、FC2ができてからはジリ貧に。中には、売り上げが半減したというメーカーもあります」(AVライターの梶山カズオ氏)

 13年10月には、大手AVメーカー7社がFC2を相手取り、海賊版動画の削除と6500万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。現在も係争中だ。
まあ、何でも無料で楽しめるほど、世の中甘くはないか。


今日の逸品  

完全な生うに  

添加物無し、塩水だけの生うに。

素材の味がわかります。