【初日】

 

5月10日(日) 母の日

皆さんこんにちは。

今日も気持ちのいいお天気です。

今日の記事 

大相撲5月場所の初日

左膝全治2カ月重傷の遠藤 5月場所“強行出場”の裏事情

「今、決めました」

 54日ぶりに相撲を取った幕内の遠藤(24)が5日、5月場所(10日初日)の出場を明言した。

 遠藤は3月場所で左膝の前十字靱帯部分断裂および外側半月板損傷で全治2カ月の重傷を負った。それでも手術はせず、靱帯回りの筋肉を鍛えることで患部をカバー。5日には3月12日以来となる相撲を取り、所属する追手風部屋の若手相手にさまざまな技を披露。ぶつかり稽古で胸を出す場面もあった。

「思ったより動ける」とは本人の弁だが、あくまで「大ケガを負ったにしては」というレベル。負傷以前とは比べるまでもなく、四股を踏む時は足を静かに下ろすなど、万全とは言い難い。かといって番付が前頭9枚目では全休すると十両に陥落してしまう。強行出場する気持ちもわかるとはいえ、ある角界関係者は「それだけが理由じゃないよ」と言ってこう続けた。「スポンサーの永谷園絡みじゃないかというウワサもある。遠藤はこれまでザンバラ髪、マゲ姿でお茶漬けのCMに出ている。その大銀杏バージョンの新CMも、すでに収録済みらしい。3月場所では大銀杏にするにはギリギリ髪の長さが足りなかっただけに、5月場所でお披露目するはずだった。ただ、CMで大銀杏デビューというわけにもいかないでしょう。今場所全休なら、CM放送は7月場所まで待たなければならない。幸い、相撲はそこそこ取れるんだし、スポンサーに迷惑はかけられないと判断したんじゃないか」


「うまそうにお茶漬けをすする姿が痛々しい」なんて言われなきゃいいが……。


春場所の黒星がショックで 白鵬「今年限りで引退」の衝撃情報

 年内に2横綱の進退が話題になるかもしれない。

 7日、横綱鶴竜(29)が5月場所(10日初日)の全休を発表。初場所中に痛めた左肩がまだ完治しておらず、3月に続いて2場所連続休場となった。3カ月以上経っても万全にならないのでは力士生命の危機。このまま引退する可能性もありそうだ。

 もっとも、横綱として存在感の希薄な鶴竜が引退したところで大相撲の興行に影響するとは思えない。しかし、白鵬(30)が引退となれば話が違う。某親方が声を潜めて「実は……」と、こう続ける。
照ノ富士に敗れ…

「年内いっぱい、11月の九州場所を最後に白鵬が引退するかもしれない。春場所(3月)でモンゴルの後輩、照ノ富士に敗れたのが相当ショックだったらしい。まわしの取り合いに負けた揚げ句に寄り切られた。どっちが横綱かわからない相撲だったからね。相撲内容も年々悪くなっている。周囲にも、自分の相撲が取れなくなってきたと話しているようだ」

全盛期の白鵬は相手の攻めを受け止めた上で勝つという、横綱相撲のお手本のような取り口が多かった。ところが、最近ではバタバタした相撲が増え、張り手やかち上げといった小技に頼りがち。他の力士が弱いから優勝を重ねているとはいえ、目標としていた大鵬の優勝33回も超えてしまった。担当記者たちとの“冷戦”も完全に収まったわけではない。審判部批判では協会上層部を敵に回してしまった。気持ちがプッツリ切れてしまったとしても何らおかしくない。

「さらに言えば、白鵬は周囲の目や評判を気にする性格。他の力士との力の差が歴然であっても、これ以上ブザマな相撲を取り続ければ晩節を汚すことになりかねない。以前から訴えてきた国籍変更なしでの親方転身も不可能となれば、土俵に上がり続けるメリットがないからね」(某親方)

 白鵬はモンゴルの先輩力士でもある40歳の旭天鵬について、「参考になるし、身近に尊敬する人がいるのは励み」と言った。いかにも40歳まで現役を続ける意思があるように聞こえるが、真相は正反対だ。


今日の逸品  

甘だい(ぐじ)塩焼き  

美味です! 

活さざえのデカいのもあります!

飛露喜(ひろき)吟醸酒入荷しました。

すぐに売り切れになると思うのでお急ぎください。