【ビック3】

 

7月6日(月)

皆さんこんにちは。

なでしこジャパン残念でした。 

アメリカは強かった、しかしよく頑張りました!

今日は梅雨らしいお天気ですが、気温が低いのでさほど不快感は感じません。

今日の記事 

うちの大学生のスタッフに子に聞かれました。

「たけし」って何が凄いんですか?

今の子にしたら何がいいのかわからないようです。時代なのか「笑い」に対する価値観がだいぶ違うようです。

「たけし」の面白さを一言で説明できませんでした。

さんま4時間“還暦”特番…深刻化するTV界の「高齢化現象」

 水曜日に還暦を迎えたお祝い番組として「さんまでっか!?TV」(フジテレビ系)が放送され、さんま&マツコの初ふたり旅VTRのほかに、スタジオ生放送ではSMAPらタレント50人が祝福した。内容は面白くても、この特番が4時間半の長さ! 相変わらず大物芸人の冠特番に頼っているテレビは問題だ。

 これで“お笑いビッグ3”が3人とも還暦オーバー。たけし(68)、さんま(60)、タモリ(69)で、タモさんにいたっては来月70歳! あの懐かしの80年の漫才ブーム直後にブレークした時は30代ふたりと20代だったのに。

 ちなみに、ビッグ3と所ジョージ(還暦!)の下の代では、とんねるずとダウンタウンが50代、ウンナン、爆笑問題がアラフィフ、ナイナイが40代半ば。ほとんど20代から冠番組を持っている。しかも、20年も30年も同じ番組をずーっとやっている。

2000年代から“史上空前の芸人ブーム”やら“ネタブーム”といわれ、お笑い・バラエティー番組が氾濫し、多数の芸人が売れたが、結局は昔ながらの大物芸人がテレビを牛耳っているわけだ。これって違和感ある視聴者も多いでしょう。

 昔の勢いはなくても、安定した視聴率を稼げるから、ということだけが理由なのか?

「若いプロデューサーやディレクターはリスクを負って新番組を立ち上げるより、同じ番組を引き継いでいくほうが、長い年数、仕事にあぶれない保証がある」とあるテレビマンは言う。かつての「いいとも」のように、視聴習慣がついた番組を受け継ぐほうが安泰なのだ。

 リスクを負わないのは芸人も同じ。もし若手芸人で「さんまを超えてやる!」とか「志村けんの時代は終わってる!」と下克上発言をしたら、テレビマンや相手の事務所だけでなく、自分のマネジャーからも「バカ!」と言われて干されるだろう。芸人だから、そのくらいフライング発言してもOKなはずだが、大物に気に入られる態度をして、番組に使ってもらったほうがリスクが少なく長生きできる……。
島田紳助の引退後にやっと、くりぃむしちゅーの上田晋也が頭角を現すといった、スローモーな世代交代しかあり得ないのか。10年後はビッグ3が70代、その下の世代が還暦で、彼らがこのままずっとテレビを牛耳っている“恐怖の時代”になっているかもしれない。視聴者もメーンの出演者も高齢化の異常事態!?

 バラエティーを本格的に始めた最初のアイドルグループSMAPも今や平均年齢が40歳超。たぶん「SMAP×SMAP」は平均50歳になるまで続くね。
(作家・松野大介)


今日の記事  

活キジハタ(あこう) 

言わずと知れた高級魚。

〆たたてなんで身がコリコリ ご笑味ください。