【京やん逝く】

 

8月7日(金)

皆さんこんにちは。

訃報です。

小学生の頃、土曜日学校から帰宅後は新喜劇見るのが日課でした。特に奥目の八ちゃん(岡八郎)と京やん絡みは子供ながらに最高におもろかったな。

「熱いなぁ~ ちょっと酒埋めて!」

昔の新喜劇の役者は強烈な味がありました。

原哲夫、木村進、柳浩二、船場太郎、室谷信夫、高石太、平三平、マドンナ役に山田スミ子等 亡くなった方も多いですが懐かしい。

喜劇役者の花紀京さん死去 78歳

 喜劇役者の花紀京(本名・石田京三)さんが5日午後7時44分、肺炎のため入院先の大阪市内の病院で死去した。78歳だった。6日によしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。遺族の意向により通夜は6日、告別式は7日に家族と近親者のみで執り行う。

 花紀さんは1937年大阪市生まれ。父は戦前から戦中にかけて活躍した喜劇役者・横山エンタツ。劇団「笑いの王国」などを経て62年に吉本興業に入り、吉本新喜劇で活躍したほか、岡八朗さんと漫才コンビを組み「エンタツ・アチャコの再来」として脚光を浴びた。

 89年の新喜劇退団後も舞台で活動。テレビでもコメディー番組『てなもんや三度笠』やNHKの連続テレビ小説『やんちゃくれ』『ほんまもん』などに出演。2001年にはダウンタウンなどと参加したユニット「Re:Japan(リ・ジャパン)」の「明日があるさ」でNHK紅白歌合戦に初出場した。

今日の記事

悪い人や無いと思うけど・・

ラグビーW杯イメージ低下も 大八木氏vs元教頭がドロ沼展開

 学校の理事長と元教頭が訴え合うという泥沼の展開になっている。

 5日、元ラグビー日本代表で学校法人「芦屋学園」(兵庫県芦屋市)理事長の大八木淳史氏(53)が、同法人が運営する芦屋学園中高の稲田信行元教頭(64)に脅迫容疑で刑事告訴された。

「大八木氏は学園が行う補習授業を自らが理事を務める団体に年間3000万円で業務委託していた。昨年5月、元教頭が、『不透明な支出』だと指摘。逆上した大八木氏が『理事長に逆らえばとんでもないことになる』『チンピラみたいなやつがいる。アンタを刺すかもしれない』と元教頭を脅していた。元教頭は30分にわたる脅迫をバッチリ録音していました」(地元マスコミ関係者)

 大八木氏は訴えに対し「事実無根」と反論。告訴は名誉毀損にあたるとして、きのう午後、元教頭を逆に告訴した。

「大八木氏は2012年に芦屋学園中高の校長に就任、昨年3月に理事長に就いた。それ以前から芦屋学園には、10年で保有資産100億円がなくなり、怪しい支出の問題を教職員が指摘していた。しかし、大八木氏らは応じず、一触即発の状況でした」(前出のマスコミ関係者)

 大八木氏は京都府右京区出身。ラグビーの名門・伏見工高から同志社大へとラグビーのエリートコースを進み、卒業後は神戸製鋼に入社。日本代表としてラグビーワールドカップ(W杯)に2度出場した。引退後はタレントに転身。現在は「ひるおび!」(TBS系)の木曜レギュラーなどを務め、19年のラグビーW杯や20年の東京五輪についてコメントしたりしていた。

「大八木さんは喧嘩っ早いところもあるが、場を盛り上げるタイプなので周囲の評判はいい。最近も地方の高校を回ってラグビーの普及に努めていました。日本ラグビーの顔だっただけに泥沼の展開が長引くことで、ラグビーW杯のイメージダウンになることを心配する声も出ています」(スポーツジャーナリスト)

 ラグビー界にとっては「新国立」断念に続く、痛い事件である。

今日の逸品  

マテ貝  

普段は砂の中の隠れてます。 

バター焼きでどうぞ!甘くて美味です。