【ナダル撃破!】

 

8月17日(月)

皆さんこんにちは。

お盆休みも終わり今日から仕事の方も多いはずです。頑張って下さい!

今日の記事

宿敵ナダル撃破のツケか…錦織の“パンク”を専門家が分析

 原因は「エンジン」トラブルか。

 現地15日に行われたテニスのロジャーズ杯準決勝で、錦織圭(25・世界ランク4位)は同3位のマリー(英国・28)に3-6、0-6で完敗した。一方的に押された第2セットでは足が止まり、追いつけるボールを見送る場面が何度も見られ、会場からはブーイングも起きた。

 前日は、過去7戦全敗だったナダル(スペイン・29=同9位)を6-2、6-4で撃破。完ぺきといえる内容で、唯一勝てなかったビッグ4の最後の1人を倒した。マリー戦は接戦が予想されていたが、この日は全くの別人だった。

 試合後の錦織は詳細を明かさなかったものの、「第1セット途中から)痛みが出たのが残念」と語り、次戦(ウエスタン・サザンOP=マスターズ1000)は欠場。31日開幕の全米オープンに備えることになった。

錦織は6月中旬のゲーリー・ウェバーOPで左ふくらはぎを痛めて準決勝を棄権すると、2週間後のウィンブルドンも2回戦を前に棄権。ふくらはぎの故障は完治して今大会に臨んだと言ったが、またも下半身に異常をきたした。「完勝したナダル戦の影響があったのではないか」というのは、スポーツ選手の身体に詳しいフィジカル・トレーナーの平山昌弘氏だ。

「これまで一度も勝っていない相手との試合では、無意識に力が入るものです。すると上半身が硬くなり、いつもより動きが悪くなる。人間の体重の65%ぐらいは上半身の重さです。例えば、硬さのある上半身を捻ると、下半身との連動も悪くなり、足腰への負担が大きくなる。それでも自分の思うような動きができてしまうこともある。その相手が、過去全敗のナダルなら気持ちもどんどん乗ってくる。それは、100キロしか出せないエンジンなのに130キロ以上で走り続けるようなもの。必ず足首やふくらはぎなどが悲鳴をあげます。それにしても、今年の錦織は故障が多い点は気になります」
昨年準優勝の全米オープンも、100%の状態は無理かもしれない。

 世界1位のジョコビッチ(28・セルビア)とマリーの対決となった決勝は、マリーが6-4、4-6、6-3のフルセットの末に制し、通算35回目の優勝を果たした。両者は今回が通算28度目の対戦。対戦成績はマリーの9勝19敗となった。


今日の逸品   

トマトの和風ガスパッチョ     

暑い夏にぴったり!

隠し味を入れてます。

ご笑味ください。