【残忍な事件】

 

8月20日(木)

皆さんこんにちは。

東海大相模が優勝!

仙台育英も土壇場同点に追いつきましたが・・

あと一歩でした。

今日の記事

またまた残酷な事件です・・

執拗かつ残忍…大阪少女遺棄「川崎中1男子殺害」との類似性

 “空白の半日”の間に、何があったのか――。13日深夜に大阪府高槻市の駐車場で無残な遺体となって見つかった寝屋川市立中1年の平田奈津美さん(13)は、同日朝からの足取りがはっきりしない。事件当日まで
奈津美さんと一緒にいたという、同じ中学に通う星野凌斗君(12)も行方不明のままだ。

 2人が住んでいたのは、大阪駅と京都駅の中間に近い京阪電鉄寝屋川市駅から歩いて10分ほどの閑静な住宅街。暴走族みたいなのが吹かしていることがあるらしいが、そんなにガラが悪い街ではない。2人を知る同級生がこう明かす。

「奈津美ちゃんは小学校でバドミントン部、中学に入ってからは吹奏楽部でトロンボーンをやってた。いつも笑ってるような明るい子で、ちょっと“天然”も入っててクラスの人気者やった。イジメ? ないない。星野君とは別のクラスやったけど、親同士が仲がいい幼なじみで、子ども同士が付き合い始めたなんて噂もあった。最近は、朝まで一緒に遊んだりもしてたみたい。星野君はやんちゃなタイプやけど、小さくてかわいいから上級生の女子からも、すんごいモテてた。テニス部で毎日よう練習しとったよ」

その一方で、今年2月に起きた川崎市の中1男子殺害事件を彷彿させる、こんな証言も。

「奈津美ちゃん、部活は熱心にやってたけど、最近は“夜遊び”もするようになって……小学生のころから仲良かったコに引きずられる感じで、他の中学のコとか上級生なんかとつるむようになってたんです。不良っぽい連中と、夜のゲーセンとかフードコートでたむろしているのを見かけました」(別の同級生)

 奈津美さんは12日午後9時半ごろ、自宅近くにあるコンビニで星野君と一緒にいる姿が防犯カメラに映っていた。星野君はその約30分前、母親に「奈津美さんの家に泊まりに行く」などと言って出かけたが、実際は訪れていなかった。

「奈津美さんは翌13日未明から明け方にかけ、友人とLINEでやりとりしている。『早く帰らんと怒られんぞ』などと言う友人に、『大丈夫、野宿しようと思う』などと返信している。彼女は自宅から簡易テントを持ち出していたそうです。朝方には、京阪寝屋川市駅近くの商店街で、星野君とみられる男子と2人でいるところを目撃されている。駅の駐輪場で彼の自転車が見つかっています」(捜査事情通)

2人は電車で京都方面へ向かったという情報もあるが、その後の足取りはつかめていない。そして13日午後11時35分、淀川を挟んで寝屋川市の対岸にある高槻市の駐車場で奈津美さんの無残な遺体が発見されたのだ。

「奈津美さんの遺体からは、工業用のカッターナイフなどで生前につけられたとみられる傷も多数確認されています。腕が青く変色し、防御創がないことから、犯人は長時間にわたって彼女を後ろ手に縛り上げ、抵抗できない状態にしていたぶった揚げ句に窒息死させている。執拗かつ残忍です」(地元マスコミ関係者)

 星野君の安否が心配されるが、母親は「交友関係でトラブルがあった」と話しているという。



今日の逸品 

極上ほっけ 

特選 ほっけ
これは美味し!